スギ(@sugi_pallat)です。

このブログでは、ちょっとだけこだわったおうちレシピもいくつかご紹介しています。

その中で「カレーライス」はやはり定番ですよね。

今回、CoCo壱番屋のチキン煮込みカレーをイメージしてつくったメニューがあるので、それをここにシェアしておきます。

スポンサーリンク

自宅で「チキン煮込みカレー」をつくってみた。ココイチをイメージして、ちょっとの手間でコクとうま味が広がるカレーです。

今回は、調理途中の撮影を一切せずに仕上げてしまいましたので、テキストのみでのご案内。

再度つくることがあれば、そのときにはきちんと撮影しますね。

【材料】

  • 鶏むね肉 2枚
  • 玉ねぎ 中2玉
  • カレールー(市販) 1箱

1)鶏むね肉を下ゆでする

鍋に鶏むね肉を入れて、水を鍋いっぱいに注ぎます。ここでポイントは、沸騰したら弱火で15分ゆでること。

アク取りは時間間際に1回だけでいいです。

そして、このときのゆで湯は捨てないこと

2)玉ねぎを薄切りにして、あめ色になるまで炒める

鶏むね肉をゆでている間に、玉ねぎを炒めておきます。

3)鶏むね肉の皮をはぎ、肉を切り出す

下ゆでした鍋から鶏むね肉を取り出して、食べやすい大きさになるように、包丁で肉を切り出してください。

イメージは、CoCo壱番屋のチキン煮込みカレー

4)肉、玉ねぎを鍋に入れて、鶏むね肉の下ゆでに使ったゆで湯を注ぐ

鶏のスープが出ているゆで湯は、ここでリサイクルしましょうね。

さらにここでも弱火で15分程度煮込みます。

5)カレールーを入れてできあがり

市販のカレールーでぜんぜん問題ないので、火を止めてからルーを投入して、よく溶かします。

再度加熱したらできあがり!

ちょっとのひと手間がおいしいカレー

今回はミックスベジタブルを少し使いました。

ベースのレシピは説明の通りで、細かいアレンジはそれぞれお楽しみくださいね。

鶏の下ゆでに使ったゆで湯を再利用するのが、ひと手間のポイントです。

ちなみに私は、食べる直前にトッピングとして納豆を1パック使いました。これもおいしかったですよ。

他にも自宅レシピがありますよ

あっという間にかんたんおいしい!鰹と昆布の粉末だしパックでつくるキーマカレーは、子どもも食べられる甘さとコクのぜいたくひとさら。
昆布と削り節からだしを取って、それをちょっとした料理のベースにすることで味に深みとちょっとだけぜいたくな気持ちにさせるのが好きな私。え?そんなものにまでだし...
[オススメ店舗情報も!]自宅でかんたん本格的!麻婆豆腐が煮崩れしない、おいしい仕上げのためのたったひとつのポイント!
スギ(@sugi_pallat)です。お店で麻婆豆腐や麻婆丼を食べる機会を意図的に増やしていたんです。なぜかというと、おうちでお店のような麻婆豆腐を食べたい!からなんで...
自宅の手づくり餃子に隠し味!中具の餡にコクを出すための2つの調味料をお知らせします。
スギ(@sugi_pallat)です。自宅で餃子をつくるときに、隠し味として使う調味料がふたつあります。我が家ではこれを使うことで、餃子の餡にコクを出すようにしているん...

以上、スギでした。