スギ(@sugi_pallat)です。

2018年の夏は、広島市内のかき氷店をたくさん訪問して、それを列記しています。

スポンサーリンク

文の助茶屋 〜 かき氷と茶そばをセットに満足の昼下がり[2018年広島かき氷]

今回ご紹介するのは、そごう広島店本館「文の助茶屋」でのかき氷をご紹介です。

京甘味とあって、スイーツメニューは言うに及ばず、茶そばをはじめとした料理も多数用意があります。

純氷をつかったかき氷メニューも数ある中で、もっともキャッチーなのがこちらの「祇園しぐれ」。

宇治金時とあんみつ、抹茶アイスがミックスされたぜいたくなアイテムです。

こちらの食品サンプルを眺めても、その力の入りかたにワクワクしますよね。

さて、店内に案内されて席に着きます。

私が訪れた時間帯は「お好み膳」として、おそばと甘味のセットが提供されている時間帯でした。

そういえばお昼ごはんもまだだったと思い、助六そばと祇園しぐれのミニを注文です。

文の助茶屋「助六そば、ミニ祇園しぐれ」

まずはおそばがやってきました。

具だくさんのそばに京だしの味わいが広がる一杯。

焼き餅に鶏肉、やわらかい穂先たけのことぜいたくな具が並びます。

そして、それをつかさどるのがこの茶そばです。

京だしのだし感は、身も心もホッとさせてくれますよ。

食べ終わる前に「ミニ祇園しぐれ」をお願いします。

ミニサイズでもこのボリューム!

茶そばを食べて満たされたところに、甘く冷たいかき氷がすっと染み入ります。

さいごに:気の合う友だちとのランチ〜カフェタイムに

今回は、そごう広島店本館の文の助茶屋をご紹介しました。

時間帯によっては入店待ちをすることもありますが、それでも紙屋町界隈を眺めることのできるロケーションは、それだけでも来店する価値はありますからね。

食事とスイーツを堪能して、気の合うお友だちとの憩いの時間にはもってこいですよ。

おススメです。

ごちそうさまでした!

ツイッター・インスタグラム

https://twitter.com/sugitabe_hrsm/status/1025321294823399424

店舗情報