スギ(@sugi_pallat)です。

広島のラーメン店で「海風堂」といえば、店主のこだわりと研究の奥深さがいつも一杯のラーメンに凝縮されているお店として広く知られています。

主力のラーメン以外にも積極的なメニュー提案があるなかで、それでも基本のラーメンへの探究心が深いラーメンを久々にいただいてきました。

今回はこちらをご紹介しますね。

スポンサーリンク

海風堂 〜 基本のトンコツらーめんはどこまでもこだわりと研究が続く、味わい深い一杯!塩も醤油も欠かせない!(広島市中区)

海風堂のラーメンは、このブログの初期、オタフクお好みソースを使ったラーメンをつくられたときに記事にしたことがあります。

海風堂 〜 広島といえばお好みソース!それを使ったご当地ラーメンが生まれる瞬間(広島市中区)
 海風堂さんの探究心にはただただ感服お店は、広島市中区八丁堀の「海風堂」さん。屋号にある「ラーメン考房」にふさわしく、いつも納得の新提案をいただいていま...

以来、店主の辰巳さんとはたくさん話をさせていただく関係としてお世話になっています。

ふと思い立って「お好みソースラーメン」を食べたくなって伺ったのですが、味の改良を重ねたトンコツ醤油らーめんをぜひ!とプッシュされたので、気持ちが変わって「トンコツ醤油ラーメン」に。

ラーメン考房と標榜されるだけあって、辰巳さんのプッシュには全幅の信頼があります!

このラインナップ。ただごとではないですよね。

海風堂「トンコツ醤油らーめん」

店主の辰巳さんに推していただいたのがこちらです。

緑豆もやしに青々としたネギ、そして肉厚のチャーシューが載っています。

深みがあるスープの色です。

このスープに辰巳さんの研究が詰まっています。

手間ひまをかけた食材の処理が、スープの奥行きを深くしています。

れんげでひとすくいして口に運んだそれだけで、ただものではないラーメンを予感させます。

広島のラーメンではおなじみの原田製麺の麺も、奥深いスープの味わいにマッチしています。

ツルツルとした麺にもしっかりと絡むスープの裏技、使われている食材とその下処理を聞けばなるほどと感心せざるを得ませんよ。

本当に探究心にあふれています!

サイドメニューにはチャーシューご飯を。

もやしがたっぷりと載せられていて、ボリュームが増していて満足度もアップです。

さいごに:研究の成果があふれるブログもぜひ!

ラーメンに想いをはせていらっしゃるブログを更新されています。

こちらを見ると、それだけでラーメンを食べたくなりますよ!

ごちそうさまでした!

スギのひとことポイント

塩!塩も食べなきゃ!!

店舗情報


スポンサーリンク