スギ(@sugi_pallat)です。

久々の「高級な牛乳を飲んでみた」シリーズです。

スポンサーリンク

高級な牛乳は何が違うのか?北海道で採れたタカナシのパスチャライズ牛乳を飲んでみた。

今回は、タカナシ乳業の「北海道 釧路・根室」という牛乳です。

こちら、1リットルで約300円いたします。

遮光パッケージを使っていて、さらに乳脂肪分も3.6%以上というスコアは、よくある牛乳よりも少しだけ濃厚さが期待できます。

フィルタリングした牛乳をあとからブレンド

牛乳の製法もメーカーによってさまざまなアプローチがありますよね。タカナシのこの牛乳は、脂肪分を分離させてあとからブレンドさせるという手法のようです。

北海道で酪農といえば、なんだかそれだけで付加価値がの高さを期待してしまうのは安っぽい考えでしょうか。

濃厚な甘みとスッキリした飲みくち

さっそく頂いてみました。

ひとくち目に感じるのは、舌の上に残る濃厚さと牛乳の甘さ。これでいて、飲み込んだときの飲みやすさ、スッキリした飲みくちが感じられるのはおもしろいですね。この牛乳を単独で飲んでいたいような印象にさせてくれます。

これまでの高級な牛乳を飲んでみたシリーズもどうぞ

 

 

以上、スギでした。