スギ
カツカレーとラーメンのコラボ!

スギ(@sugi_pallat)です。

町中華にドハマリしています。

すでにご紹介した広島市東区の「温品飯店」も古き良き雰囲気と趣のあるお店でしたが、今回ご紹介する「柳麺」もまた牧歌的で、でもしっかりとインパクトのあるメニューをみせてくださいました。

今回はこちらをご紹介しますね。

スポンサーリンク

柳麺 〜 インスタをにぎわすカツカレーラーメン!町中華のあたたかみあるお店(広島市安佐南区)

お店は広島市安佐南区安東、アストラムライン沿線ではなく旧道にあります。

古くからあるお店で、ご近所の方にはなじみあるんですよね。

それこそが町中華のよさでもあります。

店頭におかれている岡持ちがこの上なく牧歌的で、見ているだけで歴史と人気を感じさせてくれるような趣があります。

店内はちょっと狭いながらもテーブルとカウンターがあり、私が訪問したお昼少し前はまだゆとりがあったものの、お昼を迎える頃には相席してもまだ足りないほどの盛況ぶりにその人気を実感するほどでした。

町中華のよさと雰囲気はこの写真1枚からでも伝わるように、横長のアクリルメニューボードと黄色い短冊メニューがあり、さらにはコミックがたくさん揃えられているという、ただその空間にいるだけでほっこりする瞬間がそこにはあります。

メニューの豊富さもまた町中華ならでは。

今回は、最近私がインスタグラムで多くの方のポストから影響を受けている「カツカレーラーメン」をオーダー。

間違いなく頭の中で味の想像は出来ているのですが、でもその雰囲気と味わいは現地現場にそろっているわけですからね。

私以外の方はのきなみ日替わりランチを注文されていましたが、私は私の食べたいものを食べる!

実はご年配の女性が「カツ冷メン」という魅惑たっぷりのオーダーをされていたので心が揺れ動いたのはここだけの話です。

それはまた、別の機会ですね。

柳麺「カツカレーラーメン」

厨房からカツを揚げているであろう音を聞きながらわくわくしていると、さあ、やってきました。

こちらが柳麺のカツカレーラーメン。

町中華にあるしょうゆラーメンにカレーを載せ、さらにトンカツも載ってますよという夢のようなルックスです。

レシピはシンプルだけれども、こういうメニューが昔からあっていまだに食べたくなるという食指が動くのは、町中華という文化があるからこそなのかなあと、積年のカレーの色がしみついたれんげですくうスープを見ながら感じるのでした。

ちょっとやわらかめにゆで上げられた麺と、ラーメンスープとカレーのあわさる味、そしてときどきトンカツをサクッとかじる瞬間に、こういう店のよさこそがもっと広まればいいのにな、と思うのです。

さいごに:町中華の魅力あふれるお店

今回は広島市安佐南区安東の「柳麺」でいただいた「カツカレーラーメン」をご紹介しました。

私が食事をし終えて店を出るときも、立て続けに来店が続くようなそんな盛況ぶりに、飲食店の奥深さというか、地域の方とともにあるお店のありかたを感じるのでした。

ふだんだったらホールから厨房にオーダーを伝えるのはテーブルの番号だったりお座敷の場所だったりするのが「〇〇さんは日替わり定食ね〜」と、お客様の名前でやり取りできるよさは、一見さんの私にもなつかしくて心地いい瞬間でした。

気になるメニューがあるのもまた、町中華のよさ。

頃合いを見てまたうかがうことにします。

ごちそうさまでした!

ツイッター・インスタグラム

 

この投稿をInstagramで見る

 

#柳麺 広島市安佐南区安東2-4-5 #カツカレーラーメン ・ これでもかというほどに 見せつけられていたこのメニュー いよいよいただいてきました✨ 慌ただしく来店のつづく土曜の昼に 地元に根付いた町中華なんだなと ほっこりしたのでした☺️ ・ #広島グルメ #広島ランチ #広島ラーメン #広島の町中華 #グルメ #ランチ #町中華 #ラーメン #らーめん #広島中華そば #拉麺 #麺スタグラム #ラーメンインスタグラマー #岡持ちを見たらしあわせになる勢 #れんげの色からみる歴史感 #カツとカレーの親和性 #他のメニューも充実

スギさん(@sugitabe)がシェアした投稿 –

店舗情報