スギ(@sugi_pallat)です。

先週末、「CoCo壱番屋がリニューアルして、ラーメンを提供するみたいです!」という情報をいただきました。

うん、たしかにCoCo壱番屋はカレーラーメンブランドストア「麺屋ここいち」を有していらっしゃるのは知っていたのですが、既存店舗をリニューアルしてそれに特化するのか?!という疑念と、なにはともあれ味、味!ということでさっそく行っていました。

スポンサーリンク

CoCo壱番屋でカレーラーメン!?広島市内でうまこく味を唯一提供中のお店に行ってきた!(広島市安佐南区)

お店は、アストラムライン沿いにある「CoCo壱番屋 安佐南区安東店」です。

近隣には「餃子の王将」をはじめ、ここ数ヶ月以内にオープンしたラーメン店、汁なし担々麺専門店などを含め、こだわりのあるお店がひしめくエリアなんですね。

一刀斎 〜 りょう二郎の姉妹店で汁なし担々麺!濃厚かつバランスのいい味わいが計算され尽くした一杯!(広島市安佐南区)
先週あたりから「安佐南区相田の安川側に汁なし担々麺のお店ができるそうです」という情報が入っていました。はて、あのエリアの出店ってどういうことなんだろう・・・...
本格豚骨ラーメン 恵壱 〜 広島で食べる博多とんこつラーメンの中でもハイグレードな一杯!サイドメニューも魅力的なお店が安東にオープン(広島市安佐南区)
広島で豚骨ラーメンと言えば、世界展開のチェーン店、広島発祥のチェーン店から、こだわりの個人店舗とリストアップしてみるとそこそこの店舗数があります。博多ラーメ...
孫吾喰 〜 自家製麺のラーメンと、ボリューム満点の定食はガッツリ食べたいときの有力候補に!(広島市安佐南区)
アストラムライン沿線を広島市中心部から伴方面に向けて走らせていると、上安駅へ差し掛かる手前にかわいらしい孫悟空のキャラが屋根に携えられているお店を見かけます...

そこにやってきたのがカレーチェーンのCoCo壱番屋ですから、気になりますよね。

店内はいつものお店と雰囲気は変わらず、しかしテーブルのメニューにはこのようにラーメンに特化したメニュー表が置かれています。

看板メニューは「濃厚うまこくカレーらーめん」と、「うまこくカレーらーめん」の2種。

ポークカレーソースを豚骨と鶏ガラのスープで仕立て上げてあるようです。

今回は濃厚ではない「うまこくカレーらーめん」を。

コンディメントに「とび辛」があるのがCoCo壱番屋をアピールしつつ、その横に見慣れない様子で置かれている餃子のタレが、ああラーメンも提供されているんだなというのを静かに示しています。

お店の方に「紙エプロンもありますよ」と促してもらった先には、おしぼりと一緒にセットされた紙エプロン。

チェーン店のたしなみとしては基本のサービスになりつつありますね。

ん、そしてよく見ると・・・

電源サービスもありました。

立地柄、ルートセールスの方や学生も多いエリアですから、こういうサービスも差別化の要因ですよね。

さてさて待つこと数分、ラーメンがやってきました。

CoCo壱番屋「うまこくカレーらーめん」

こちらです。

ただようカレースープの香りは、紛うことなくココイチのカレーソースのフレーバーです。

ねぎと肉味噌、さっと湯通ししたキャベツがスープの上にトッピング。

さらさらのスープは、なつかしさと定番のフレーバーのどちらをも感じさせてくれる安定感があります。

麺は普通麺、太麺の2種類から選ぶことができ、こちらの「うまこくカレーらーめん」では普通麺がオススメです。

普通麺とはいっても、広島ラーメンのような麺幅よりは厚く、ちゃんぽん麺よりは薄いというあたりですね。

もちもちした麺をかみしめるとカレースープと馴染んで、するするとおいしくいただけます。

さいごに:カレーライス、ときどきラーメン。

営業形態としては、カレーライスはそのままに、追加のブランドとしてラーメンメニューを投入されたという印象です。

いつもカレーライスを食べているから、今回はラーメンを食べようかな、という選択肢のひとつとして捉えるのがいいようですね。

地域性としてカレーラーメン、カレー中華そばは古くから知られているこの広島エリアで、この店を軸にさらに展開されるのかどうかは興味深いところです。

次回は「濃厚うまこくカレーらーめん」をいただくことにします。

ごちそうさまでした!

スギのひとことポイント

あ、福神漬を食べ忘れた!(ラーメンでも福神漬のサービスはあります)

店舗情報

スポンサーリンク