スギ(@sugi_pallat)です。

2017年4月に広島市中区袋町にオープンしてから、着々と店舗数を伸ばしている「ステーキのB」。

熟成肉を売りにしたステーキ専門店は、「ホルモン焼肉ぶち」を展開されているビッグアームのブランドで、広島のみならずに東京にも進出していらっしゃいます。

そんな「ステーキのB」は、同ブランド内でもお店によって肉質を変えて提供されているようですよ。

今回は、EKICITY HIROSHIMAの西棟、蔦屋家電のあるブロックで営業されている「ステーキのB 広島駅前店」に行ってきたので、こちらをご紹介します。

スポンサーリンク

ステーキのB 広島駅前店 〜 店舗拡大中の熟成肉ステーキを千円ランチでどうぞ(広島市南区)

この界隈の飲食店と言えば、EBISU BARやニックストックなど気になるお店が目白押しですよね。

ランチ時間帯(11時〜15時)は、こちらのパネルでメニューが案内されています。

そうそう、流川通りの入口、広島三越の裏手にも「ステーキのB 流川店」がオープンしていましたね。

さあ、ランチメニューを堪能するために入店です。

ランチステーキは、ライス付きの肩ロース肉150gを1,000円でいただけるメニューから始まります。

ステーキだけで物足りないようでしたら、トッピングにハンバーグなんて選択肢もありますよ!

今回の私のオーダーは、ランチステーキ(肩ロース)150g、ライス大盛りでお願いしました。

カウンターだけの席でなる店内には、熟成肉の説明が座席ごとに用意されています。

紙エプロンとおしぼり、そしてお冷には炭酸水が用意されます。

厨房の奥からいい音が聞こえてきて、待つこと数分。

いよいよ熟成肉のステーキが登場です。

ステーキのB「ランチステーキ(肩ロース)150g」

こちらです。

オニオンチップとバター、レモンが添えられたステーキの登場です。

サイドにはブロッコリーとポテトサラダ。

大盛りのライスは、ライスディッシュにこんもりと盛り付けられていて、食欲をかきたててくれます。

アツアツの鉄板でいい音が聞こえ続ける熟成肉のステーキは牛肉特有のくさみはなく、ナッツの香ばしさのように感じられる味わいがあります。

別添で用意されるソースで食べるのもおすすめですが、塩とコショウでワイルドにいただくのもまた、素材の味わいを十分に楽しむことができるのでオススメですよ。

さいごに:ハンバーグを食べてみたい。

「ホルモン焼肉ぶち」の人気からして、牛肉の品質に関してはほぼ間違いない提供をなさっている企業のブランドですから、安心感と安定感はさすがでした。

税込で1,000円のランチもときにはいいかな、というときにはぜひ選択肢のひとつとしてどうぞ。

次回、お財布が許してくれるときには、トッピングでハンバーグを頂きたいなあとすでに再訪を計画しているのでした。

ごちそうさまでした!

スギのひとことポイント

分厚いお肉でもいい!!

店舗情報