グルメ・カフェ情報

一風堂 太つけ麺は、2017年夏の季節のラーメン。濃厚魚介とんこつのスープとつるつる麺が特徴のつけ麺です。

投稿日:2017年7月21日 更新日:

一風堂の季節のラーメンは、2017年7月18日から「太つけ麺」として販売が開始されました。

今年の初夏のラーメンとして、「博多細つけ麺」という切り口のメニューもインパクトが大きい一品でしたが、こちらも個性的な一杯でしたのでご紹介しますね。

一風堂 太つけ麺は、2017年夏の季節のラーメン。濃厚魚介とんこつのスープとつるつる麺が特徴のつけ麺です。

今回もこちら、博多一風堂 広島袋町店でいただきました。

店頭のA型看板にセットされたPOPと同じメニューが誘ってきます。

裏面には特徴が書かれています。麺にはタピオカのデンプンを混ぜ込んであるんですね。つるっとしたのどごしが楽しめそうです。

トッピングはおとなしめの印象です。定番ラーメンのチャーシューに天かすというところで楽しみましょう。

今回のオーダーは「太つけ麺(大盛)」、茹で時間がかかることをあらかじめ了承して到着を待ちます。

博多一風堂「一風堂太つけ麺(大盛)」

さあ、届きました。

見た目からして節系の濃厚さが伝わってくるつけだれは、香りもまた濃厚です。

れんげに天かすとねぎが載せられていて、お好みでどうぞというスタンスの演出はいいですね。勉強になります。

演出といえば、ふだんのリサイクル箸だと食べづらいだろうからと、あらかじめ割り箸を用意してくださいます。これも、一風堂のデフォルトですね。

さて、いただきましょう。

いつもの赤丸、白丸に使われるバラチャーシューと肩チャーシューが大判にスライスされてトッピングされています。

大きくて深いれんげに載せられた天かすとねぎ。結構なボリュームで入っています。

ちょっとずつ食べ進めながら、天かすとねぎを増やしていくのがいいですよ。

そして、ぷりぷりツヤツヤの麺は、小麦粉の香りを醸し出しながらもタピオカでんぷんの効果でつるんとしたのどごしになっていて、夏のつけ麺としての味わいを引き立てています。タピオカって使いすぎると麺の小麦感を台無しにしてしまうのですが、そこは一風堂の麺ですからね、心配ご無用です。濃厚つけだれとともにぜひ楽しんでください。

さいごに:つけだれとスープのマッチングを楽しんで!

見た目にはよくある濃厚魚介系のつけ麺なのですが、スープの濃厚さと麺の特徴がうまくマッチしている一杯でした。麺だけ食べると物足りないかもしれないところを、このつけだれだからこそと思わせるちょうどいいバランスを楽しんでください。

ごちそうさまでした!

スギのひとことポイント

スギ
大盛はそこそこのボリュームがあるよ!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり)
【エリア】広島県広島市
【どんな人?】
読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。

あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-グルメ・カフェ情報

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.