夕方から早朝にかけて営業しているラーメン店を紹介するときに、必ず候補に挙げるのが「麺屋 廣島弐番」。夕方6時から朝6時までの営業で、ていねいなスープの塩らーめんを推す声が多いのです。しかし今回ご紹介するのは「油そば」。ぜひともご賞味ください。

スポンサーリンク

麺屋 廣島弐番 〜 上品でていねいな油そば、深みある辛味で存在感抜群(広島市中区)

原爆ドームを越えて、本川町電停の手前にあるお店は、夜の帳とともに現れます。

廣島弐番

白を基調とした色使いは、上品さをファサードからアピールしていて、それは提供されているメニューどれにおいても期待を裏切りません。

そんな期待を寄せるメニューはこちら。

廣島弐番 メニュー

ベースのラーメン以外にも、季節ごとのメニューもありますので、店内の券売機でご確認を。

そして、今回ご紹介する「油そば」はこちらです。

廣島弐番 油そば

ちなみに、麺は大盛りで注文。

廣島弐番 油そば

存在感のある太麺が見た目に食べごたえを訴求してきますよね。

廣島弐番 油そば

自家製辛味と肉そぼろ、ねぎそして半熟たまご。

これらをがっしがしと混ぜていただく多幸感たるや、油そばの極みですよね。

廣島弐番 ごはん

そして、麺が減ったところにごはんを投入するのも、油そばの楽しみ。

廣島弐番さんでごはんをオーダーすると、自家製ぬか漬けがトッピングされるんです。これが絶妙なんですよ。これだけでごはん食べたい。お茶漬けでもいい。

 

っと、そんな廣島弐番さん。冒頭に書いたとおり塩らーめんもオススメですし、味噌らーめんもまた外せません。深夜に食べたくなる背徳的なラーメンマインドを全方向的にプッシュしてくる、そんなステキなお店です。

ごちそうさまでした!

スポンサーリンク