スギ(@sugi_pallat)です。

広島の夜のグルメで「中ちゃん」と聞けば色めきだつ人も少なくありません。

お店の見た目とは裏腹な料理、個性ある店主、お店のロケーション・・・どれをとってもワクワク要素がいっぱいのこのお店をご紹介しますね。

スポンサーリンク

中ちゃん 〜 ウニクレソンならここ!ディープな広島を楽しむオーバーナイトレストラン!(広島市中区)

中ちゃんは、広島市中区弥生町に古くからあるお店です。

私が社会人として20年前に広島市内にやってきたとき、この店に連れてこられたときの衝撃は今でも忘れません。

お店の雰囲気はかつてとは違い、拡張されて多くのお客様を招くことができるようになっています。

ちなみに写真には写っていないこの後ろ側は、いわゆる歓楽街のもっともディープなお店が軒を連ねています。

鉄板を囲む席とカウンター席、そしてテーブル席とでできあがった客席、今回はカウンター席です。

メニューはこちら。

お好み焼きや中華そばも用意されていて、中ちゃんだけで広島の夜を楽しむには十分なラインナップです。

なんといっても鉄板焼きのクオリティは今も昔も変わりません。

ちょっとしたフランス料理を思わせるようなメニューがひょっこり出てきたりするところが、中ちゃんの魅力です。

そんな中ちゃんで、ぜひこれを!とオススメする3品をご案内します。

中ちゃん「ウニクレソン。アスパラバター、ステーキ」

まずはこちら。

ウニクレソンです。

大きなバケットに覆われているその下には、たっぷりのウニとクレソンがソテーされています。

ソテーされて染み出しているバターをバケットにちょっとつけていただくだけでも、このウニクレソンのおいしさを実感していただけます。

もちろん、バケットにウニクレソンを載せても言うことなしです。

そして、こちらが「アスパラバター」。

パッと見ただけでもこの盛り付けがただならぬ様相だというのはわかっていただけるでしょうか。

そしてアスパラガスの太さ!

この太いアスパラガス、穂先はもちろん茎の部分もしっかりやわらかくて、もぐもぐしていると広がるアスパラガスの野菜感をめいっぱい楽しむことができます。

そしてこちら!

ステーキです。

もうここまでくると何も言うことはありません。

良質の脂身が口の中で甘く広がっていき、やわらかい肉質を噛み締めながら鉄板焼きのアラカルトを楽しんだ余韻をこのお店で感じることをなによりほっこりとした時間として受け止めるまでです。

さいごに:広島観光にはオススメですよ

今回は中ちゃんの鉄板焼きをさらっとお伝えしました。

本当はお好み焼きも中華そばもしっかりおいしいので、そちらもご案内したいのですがそれはまた別の機会に。

中ちゃんの良さは、何も知らない人に「いいところに紹介するよ!」と歓楽街のディープゾーンをグイグイと進んでいき、ここです!と案内しておいしいものをたらふくご案内することに尽きます。

そのなかでまず間違いのない3品が今回ご案内の鉄板焼きでした。

なにはともあれウニクレソンはマストですからね!

ごちそうさまでした!

ツイッター・インスタグラム

https://twitter.com/sugitabe_hrsm/status/1027133237527830528

店舗情報