スギ(@sugi_pallat)です。

2018年5月30日から発売が始まった、スターバックスの新作「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ」を頂いてきました。

スポンサーリンク

【スタバ新作】棒ほうじ茶の香りと味がすっきりさわやかなフラペチーノ

今回のフラペチーノは、トールサイズのみの展開です。

お値段は620円(税抜)ですね。

ビバレッジを提供していただくカウンターには、このようなPOPもあります。

今回は「スターバックス JAPAN WONDER PROJECT」と銘打たれたプロジェクトのなかでの展開なんですね。

ほうじ茶は日頃から好きで飲んでいる私も、棒ほうじ茶という言い方では気にしたことがありませんでした。

石川県のバリスタ(スターバックスの店員)と、焙煎士の方の説明も、ドリンクが届くまでのあいだに楽しむことができます。

待っているうちに届けられたのがこちら。

あ、そうだ。

今回は棒ほうじ茶の味を楽しめるかな?と思って、ファーストオーダーでありながらライトホイップ(ホイップクリーム少なめ)でオーダーしてみました。

底には棒ほうじ茶のジェリー、ボディは棒ほうじ茶とホワイトチョコクリーム、それにミルクで整えられたフラペチーノ、トッピングにはホイップと棒ほうじ茶パウダーで完成です。

頼めるかな?と思った「棒ほうじ茶パウダーの増量」はできませんでした。

棒ほうじ茶の香りがさわやか

今回のフラペチーノは、底の部分にあるゼリーを楽しむために太口ストローでいただきます。

それゆえ、ひと口目からゼリーとフラペチーノから広がる香りを楽しむことができて、棒ほうじ茶好きにはたまらない仕上がりです。

ライトホイップにしたことで、棒ほうじ茶の香りをひどくマスキングすることも感じられなかったんですよね。

お茶の印象を楽しみたいときには、ホイップクリーム少なめでいいんだなという印象でした。

フラペチーノだけではなく、ゼリーも相まっての仕上がりなので、ゼリーはなくてもいいかなあ・・・とは少しだけ感じたので、フラペチーノだけで棒ほうじ茶をたしなみたいときには、ジェリー少なめのオーダーでもいいかもしれません。

トータルでは、棒ほうじ茶というお茶の文化も知ることができつつ、さらにフラペチーノからのさわやかな香りも楽しめる一品でした。

ごちそうさまでした!