スギ(@sugi_pallat)です。

汁なし担々麺の専門店を通ううちに、実はそのお店にある汁なし担々麺以外のメニューに惹かれるということがよくあります。

今回紹介する「おどるタンタン麺」も、はじめて訪問したときには汁なし担々麺をいただいておきながら、今では「タンタン麺」ばかりを食べるようになったほど。

その魅力をお伝えしますね。

スポンサーリンク

おどるタンタン麺 〜 濃厚なごまの味にマッチする太平麺のタンタン麺は、〆のラーメンの新しい定番に(広島市中区)

お店は新天地公園の東側にあります。

『広島名物 汁なし担担麺』ののぼりが目印です。

店頭に用意されたメニューには、汁なし担々麺とは別に大きく「定番」と打ち出しされたタンタン麺が取り上げられています。

店内はカウンターと、店の奥にお座敷席とで構成されています。

入口横のカウンターに腰掛けると、目の前には多くの有名人が来店した印にとサインが掲示されています。

今回もやはり注文するのは定番の「タンタン麺」。

麺の太さを選択できるので、こちらも定番の「太麺」でお願いしました。

注文をした際に辛さを選ぶことができたので、レベル3でオーダー。

メニューには辛さを選べるとは書いてなかったのですが、注文を聞きに来てくださった方が尋ねてこられたので素直に答えました。

他のメニューはと言うと、汁なしタンタン麺が3種類、そしてつけ麺があります。

おつまみも中華料理の定番が押さえられていて、お座敷席を使えればちょっとした団体利用もできそうです。

メニューとサインを眺めていると、いよいよ「タンタン麺」の登場です。

おどるタンタン麺「タンタン麺(太麺)」

こちらです。

彩りのいいトッピングと、食欲をそそるスープの色が視覚に訴えかけてきます。

チンゲンサイ、肉味噌、えび、そしてネギが添えられています。

まずはスープをひとくち、その後にトッピングを混ぜながら食べることで味の変化を楽しみます。

ごまの濃厚さをふんだんに活かしたスープにマッチする太平麺は、もちもちっとした食感もあわせて食べごたえがありますよ。

さいごに:濃い味でも翌朝に残らない

スープの見た目、そして麺のボリュームから夜遅い時間に食べるともたれちゃうんじゃないかなと感じやすいのですが、実際にはそんなこともなくおいしくいただくことができます。

翌朝には余韻となるほどの濃厚な味のインパクトは、ときどき食べたくなるようなそんな存在です。

もちろん汁なしタンタン麺もおいしくて、イカスミをベースにしたものといった個性的なものもあります。

そのなかでも定番のごまベースの汁なしタンタン麺(白)もオススメですよ。

明け方まで営業されていますので、飲んだ後の締めにどうぞ。

ごちそうさまでした!

スギのひとことポイント

麻婆豆腐が気になります・・・。

店舗情報

スポンサーリンク