スギ(@sugi_pallat)です。

ローソンで人気の「悪魔のおにぎり」、何かと話題になっているこのアイテムにやっと出会えることができました!

スポンサーリンク

ローソン「悪魔のおにぎり」実食!簡単に再現できる気がするのでその分析を。

ローソンにおいて、おにぎり販売ランキング1位を長らく譲ることのなかった「シーチキンマヨネーズ」が、こんなおにぎりにその座を奪われるとは!

“悪魔的なうまさ”と標榜するからには、さぞや中毒性のある食材や味付けが施されていることかと思えば、そこに使われているのは天かす、青のりが混ぜ込まれた出し炊きごはん。

そりゃあもう子どもウケすること間違いない組み合わせだから、大人の口にも喜んで入っていくというもの。まさにシーチキンマヨネーズをこよなく愛するターゲットがそのままに興味を示す具材となっていますよね。

一括表示を見てうなるのが「味付ご飯」でくくられているところ。きっとここには隠し味が含まれているのかと思うと、コンビニのこだわりや意地を感じるところです。

パッケージを開けた様子がこちら。

だし炊きごはんと青のりの香りがふわっと感じられて、おにぎりの表面が油分でほんのり照りがあるのもまた食欲をそそります。

実食すれば、言ってしまえばB級グルメのような食材のハーモニーながらも油と天かすの甘みとだしのコク、青のりの風味が三位一体となるバランスにうなるのです。

これを「悪魔のおにぎり」として銘打って売り出そうと考えたところに敬服しますね。

きっとこれ、うちでもできるんじゃない?

こういうメニューって、コンビニに並んでいるのを買い求めるのもそうですが、どうしても自宅で再現したい!と思う方が多いであろうというのもまたありますよね。

きっと世のブロガーやクックパッドのヘビーユーザーはあれこれと自作レシピを考案して投稿されていることでしょう。

私もアタマの中であれこれとレシピを考えながら思いつくところがあるので、ちょいと再現してみることにします。

コンビニ本家を上回る「スギ式悪魔のおにぎり」、近日公開!(たぶん)