スギ(@sugi_pallat)です。

深夜にいてもたってもいられなくなったときに、ついつい足を運んでしまうラーメン店がいくつかあります。

その中のひとつ、広島市内で複数店舗展開をされている「げんこつ屋」もそうです。

深夜に食べるラーメンの背徳感をさらに増幅させるアレとアレがたまらないんです。

スポンサーリンク

げんこつ屋 〜 背徳の深夜ラーメンは、生搾りにんにくと山盛りネギでがっつりと!

私がよくいくお店は、国道183号線の祇園エリアにあります。

深夜2時30分がラストオーダー(お店と曜日によります)で、その時間帯近くでも車が止まっていることもよくありますね。

こちらがラーメンのメニューです。

幅広く用意されています。

サイドメニューとともに、アルコール類もしっかりと。

こちらのお店には、この他にも一品料理となる品揃えがなされていますよ。

セットメニューもこのラインナップ。

唐揚げがありながらもとり天も名を連ねているところがおもしろいですよね。

本当に幅広いメニュー構成です。

私がいつも頼むのは「ネギ盛りラーメン」ですね。

替玉をすることはなく、その一杯で完結させます。

げんこつ屋「ネギ盛りらーめん」

オーダーから程なくして、手際よく届けられたラーメンがこちら。

ドーンとネギが山盛りに盛られています。

深夜に食べる背徳感あふれるラーメンの気持ちを中和させるべく、この量のネギに身を委ねます。

ちなみにスープはとんこつ醤油。

毎日お店でしっかりと炊き出していらっしゃいます。

横から見ると、この高さです。

スープに少しずつ沈めて、熱を通しながら麺と一緒にすすっていきます。

おっと、忘れちゃいけない。

テーブルには生搾りにんにくが用意されているので、これをゴリゴリとつぶしてからいただきましょう。

ラーメンはカスタマイズして食べるのが楽しみに含まれますが、特にこのにんにくを絞るというのはテンションがあがりますよね。

もちろん、翌日のスケジュールは要チェックです!

さいごに:汁なし担々麺もオススメ!

メインのメニュー表には記載されていない「汁なし担々麺」もオススメです。

それ以外にも魚介系のスープであったり、あぶりチャーシューであったりと売りとなるポイントが目白押しのお店です。

広島市内と近郊に6店舗あるので、営業時間を確認してから行ってくださいね。

ごちそうさまでした!

スギのひとことポイント

魚介とんこつらーめんもおいしかったなあ。