グルメ・カフェ情報

八起 〜 強烈な獣臭とは裏腹に、あっさりとしながらも濃く炊きだされたスープの九州ラーメン(広島市中区)

投稿日:2017年4月19日 更新日:

広島市中区大手町界隈といえば、麺喰いにはたまらないエリアです。

キング軒、骨々亭、陽気、麻沙羅、知床、おっくん堂、そして新参にして有名店のみや路。

この名前が立ち並ぶエリアに、古くからある「八起」。

実は私、名前を知りながらも足を運んだことがありませんでした。

先に列記したお店は全て行っているのに。

そこできょうは、私の「八起」デビューをご紹介します。

八起 〜 強烈な獣臭とは裏腹に、あっさりとしながらも濃く炊きだされたスープの九州ラーメン(広島市中区)

お昼の中休みはあるけれども、深夜0時まで営業されている八起さん。

土砂降りの夜ということもあって、歩く人の姿もまばらの中で訪問しました。

店内に入ると、先のお客様が2名。

おでんをつまみながら酒を飲んでいらっしゃいました。

店内はとんこつを強く炊き出した時にひろがる獣臭。

このニオイにラーメンの期待がたかまります。

メニューは撮影できなかったけれども、今回オーダーしたのはラーメンと、ピラフ。

そう、ピラフです。

半チャーハンと呼ばれるものは、ここでは半ピラと呼ばれます。

「半ピラ」と検索してみると、軒並み八起がヒットするのはおもしろいものです。

おばちゃんがひとりで切り盛りをしてくれています。

ここで先のお客様からもチャーハン、いやピラフのオーダーが。

おばちゃん、ふたり分のピラフを大鍋を振ってつくりはじめます。

ピラフ、そしてラーメン

ピラフ

こちらがピラフ。

ご覧の通り焼き飯といえば焼き飯ですし、味わいも焼き飯です。

でも、ここの雰囲気に慣れてしまうとこれがピラフ!っていいたくなってしまう力技感も受け入れてしまいます。

素朴な味わいですよ。

ラーメン

そして、ラーメンはこちらです。

ネギときくらげ、そしてチャーシューが3枚です。

獣臭のとおり、しっかり乳化しながらもすっきりとした味わいのスープです。

チャーシューはちょっと厚め、食べごたえあります。

濃厚というほど濃厚でもなく、かえしの量が控えめな分すっきり食べられる味になっています。

夜営業ではお酒やおでんなども楽しめますから、〆の一杯にももってこいですね。

ごちそうさまでした!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり)
【エリア】広島県広島市
【どんな人?】
読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。

あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-グルメ・カフェ情報
-, ,

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.