この冬は味噌ラーメンの未訪店をたくさん開拓していこうと意気込んでいるところに、欠かせないお店があることを思い出しました。

一風堂の「味噌赤丸」、冬の定番と言ってもいいごちそうラーメンの決定版と個人的には感じています。今年も出会うことができたので、お知らせしますね。

スポンサーリンク

一風堂、味噌赤丸がこの冬もやってきた!冬のごちそうラーメン決定版

こだわりが随所に

大・大・大好評!!というのは偽りじゃないんだろうなあと個人的には感じています。それほどに洗練されて、毎年冬の風物詩なんです。

「カカオ香油」って、まず思いつかない。でも、その思いつかなさがこのラーメンの奥行きを深めています。

チャーシューは今の赤丸、白丸の定番となっているカタとバラのWチャーシュー。

これだけのこだわりがあってこその限定ラーメンリピート希望率第1位。少しずつバージョンアップしているわけです。

今年の「味噌赤丸」はこちら!

赤丸用の切立丼に盛り付けられた一杯がこちら。今年も会えたね!!

Wチャーシューはそれぞれの味わいが楽しめます。味噌スープの甘さとチャーシューのおいしさが口の中に広がるぜいたく、手抜かりがありません。

味噌を重ね合わせたこだわりのスープ。それだけではない隠し味の存在も見え隠れします。

これがカカオ香油。ラーメンにこんな食材を!?という驚きが、いつもラーメンに訪れます。もちろん、これを少しずつ溶かし込みながらスープの味わいを変えていきます。

溶かし込みながら食べる点では、赤丸おなじみの辛味噌も同じ役目。一杯のラーメンを好きなスタイルにスープを变化させながら食べることができると、一杯の付加価値がとてつもなく高まります。

もちもちの中太縮れ麺、スープとの絡みもいいですね。

バター替玉の力技

今回はセットメニューとして「バター替玉」をオーダーしていました。通常は中太縮れ麺、替玉はいつもの細麺になります。

でも、この細麺替玉にこんな工夫がしてありました。

バターと黒胡椒。

これでまたスープの味わいが大きく変わります。バターのまろやかさと、胡椒のピリッとしたアクセント、この楽しみ方は粋ですよね。

さいごに:来年2月末までですよ

実は毎年、冬のごちそうラーメンとしてのベンチマークにしているのがこの一風堂の「味噌赤丸」。もちろん、これ以外の味噌ラーメンにもおいしいものはたくさんありますが、今シーズンの発売期間である来年2月末までに、さて何度通うことになるでしょうか。

ごちそうさまでした!

スポンサーリンク