スギ(@sugi_pallat)です。

社会人としてビジネスに参画するのであればいろいろな「基礎」を学んでいることでしょう。

その「基礎」を極めて「応用」を活かせる人が「コンサルタント」を名乗るようになります。

もちろん、そのバックボーンには「誰かの役に立つ」という意識は必要でしょう。

「コンサルタント」として活躍する方たちにはそれぞれ専門分野がありますが、

しかし、その「コンサルタント」においても共通するスキルや知識というものがあるようです。

それを早くから身につけておけば将来のゼネラリストやスペシャリストへの道も難しくないのではないかと考えるのです。

スポンサーリンク

社会人は「消費者」ではなく、「生産者」であること

そのための考え方として、自らの知識やスキルをただ単に提供するいわば消耗型のビジネスマンではなく、他人や組織の発展や、感謝されることを願って生産的な価値創造を意識することが大切になってきます。

他人と接することで自らがその当事者として活動していく。

また、あなたが信頼する方を積極的にフォローして、共存者として価値創造とそのレベルアップをしていく。

そのように考えると、単に置き換えが可能なワーカーとしての生き方ではなく価値創造に生きがいを感じることができるようになって果ては「コンサルタント」として名を馳せることになるのでしょう。