スギ(@sugi_pallat)です。

「きのこの山」と「たけのこの里」のどっちが好きか論争は、いつもあらゆるところで勃発しているもののように認識しています。

コンビニに立ち寄ったら、新しいふたつの味を見つけたので、さっそく買ってみてチームメンバーの女性たちとともにテイスティングをしてみました。その結果報告です。

スポンサーリンク

きのこ派?たけのこ派?新しい2つの味で、さらに論争が広がる!

今回購入したのは、このふたつです。

「たけのこの里 はちみつバター味」

「きのこの山 メープルバニラ味」

このふたつ、4名の女性陣と私とで食べ比べて、やはり好みがまっぷたつにわかれました。

「たけのこの里 はちみつバター味」

たけのこの里は、チョコレートにはちみつバターのフレーバーがしっかりとアレンジされていて、バター感が強く感じられます。

「さくさくっとした食感とともに、ちょっとおなかがすいたときに口に運びたくなるのがたけのこ」という声があったのですが、私もそんなふうに考えています。

「きのこの山 メープルバニラ味」

こちらはなめこのようなルックスだと初見で感じた「きのこの里」。

軸のカリッとしたクッキー感は相変わらずで、チョコの部分のメープルバニラがどことなく懐かしい味わいのあまさでした。濃厚なチョコなので、一度にたくさん食べるのは苦しいかな、と思ったものの、気づいたらボリボリと食べてしまいます。

手頃な大きさと、噛んだときのポキっというクッキー感が人気ですね。

さいごに:私はそれでもたけのこ派

ふだんから「たけのこの里」推しの私にとって、新しいフレーバーと言ってもきのこvsたけのこ論争においては、その価値観は変わりませんでした。

カルビーのポテトチップス同様、フレーバーのアレンジはよほど奇をてらったものでなければどんどん受け入れて食べていきたいので、ぜひこれからも楽しみにしたいところです。

いつか、私の中のたけのこ推しが、きのこに取って代わる日が来るのかどうか、それも楽しみです。

以上、スギでした。