スギ(@sugi_pallat)です。

2018年5月4日(日本時間)、Twitterより「内部ログでマスクをかけないままパスワードを保管するバグ」が見つかったとアナウンスがありました。

スポンサーリンク

ツイッターのパスワード管理に警告!あなたのアカウントは問題ないですか?(2018年5月)

こんな画面が表示されましたよね。

バグはすでに修正済み、漏えいなどの記録なし

この件に関して、Twitterではバグの修正は終了して、パスワードなどの情報が漏えいしたり、悪用された痕跡はないとも報じています。

As a precaution, consider changing your password on all services where you’ve used this password. (予防措置として、このパスワードを使用したすべてのサービスでパスワードを変更することを検討してください。)

どう対処するのがいいのか

パスワードの漏えいが報じられるたびに気になるのが「だったらどうしたらいいの?」というお話ですよね。

今回、Twitterからは「予防措置としてこのパスワードを使用したすべてのサービスでパスワードを変更」というアナウンスをしています。

つまり、特に意識しておかなければいけないのは、Twitterだけなどといった単一サービスだけの問題ではなく、ユーザーの意識として「パスワードの使い回しを避けましょう」ということ。

念のために、Twitterのパスワードは変更するにしても、それに類するパスワードやまったく同じパスワードが他のサービスにあるならば、パスワードの管理について意識するようにしましょうね。

オススメのパスワード管理アプリはこちら

1Password

無料
(2018.05.04時点)
posted with ポチレバ

LastPass Password Manager

無料
(2018.05.04時点)
posted with ポチレバ

以上、スギでした。