スギ(@sugi_pallat)です。

広島ラーメンのとんこつ醤油ラーメンは、そのお店のルーツから「小鳥系ラーメン」と呼ばれる流派があります。

「すずめ」「つばめ」といった歴史あるお店から、最近では「めじろ」「寿々女(すずめ)」といったお店が歴史を引き継ぐ中で、2018年3月8日に「ことり」をルーツにするお店がオープンしていたので行ってきました。

スポンサーリンク

Plus Ultra 〜 「ことり」から生まれた広島とんこつ醤油ラーメン!上品ながらも(広島市中区)

お店の名前は「Plus Ultra(プルス・ウルトラ)」。

プラスじゃなくて、プルスと読むとはお店のツイッター情報で確認しました。

その名前だけではラーメン店と認識しづらいですが、お店の前には「ラーメン」ののぼりが2本立っていて、その存在をしっかりと知らしめています。

メインは「豚骨醤油ラーメン」。

トッピングや大盛りは対応していただけて、サイドメニューにはご飯とビールというシンプルさ。

営業時間はこのとおりです。

この物件はこれまでにもラーメン業態に限らず、さまざまなお店が入られていたところで、店内はカウンターのみのシンプルなつくり。

内装工事も行き届いていて、清潔感のあるお店でした。

カウンターについて、ラーメンを注文し、しばし待ちます。

Plus Ultra「豚骨醤油ラーメン」

上品な白い切立丼で、そのラーメンはやってきました。

こちらです。

お手本ともいうべき広島ラーメンのオーソドックスさが、ビジュアルとして訴えかけてきます。

もやし、ねぎ、チャーシューにしっかり脂の浮いたスープ。これぞ広島ラーメンです。

スープはしょうゆの強さをそれほど感じない、しかしそれでいて甘みとの調和がうまくなされている上品な味わいになっています。

少しやわらかめにゆでられた麺との絡みもよく、ズルズルといただけます。

安心して食べられる味ですね。

さいごに:安心、安定のラーメンです。

以前は中区宝町で「ことり」を営んでいらっしゃった店主が、移転されたお店と伺いました。

いただいた一杯は、私もかつてお伺いした「ことり」のそれでもあるし、広く知れ渡っている広島ラーメンを忠実に守った奇をてらわない、これぞ広島のとんこつ醤油ラーメンの王道という味わいの一杯でした。

歴史あるものを継承されることに感謝ですね。

おみやげ(?)に、レモンをいただきました。

ピッチャーには輪切りレモンが入っていて、ラーメンを頂いたあとにぐっと飲むレモン水はさわやかですよ。

ごちそうさまでした!

スギのひとことポイント

スギ
守るって大切なことだし、むずかしいこと。

店舗情報