スギ(@sugi_pallat)です。

流川で〆のラーメンに選ぶお店のひとつに「オロチョンラーメン」があります。

私がこのオロチョンラーメンと出会ったのは、香川県で過ごした大学生活での発見でした。

もつの甘みとうま味が広がるスープのラーメンと、鉄鍋で提供されるというインパクトに魅せられて、いまだに食べたくなる一杯です。

そのお店が広島市内にもいくつかあり、ひそかにラーメン店の出店が続いている安佐南区緑井地区にも登場したので行ってきました。

スポンサーリンク

オロチョンラーメン 毘沙門店 〜 緑井地区がラーメン激戦区?!ホルモンのコク深い味わいと、セットの丼で大満足のランチ(広島市安佐南区)

お店はフジグラン緑井からアストラムライン毘沙門台駅までつづく毘沙門通りにあります。

オープン間もないとあって、お祝いの花が多く届けられています。

以前は中華料理店だった場所で、となりはベーカリー「グテ」と花屋「フラクタル」があります。

ランチ営業、夜営業の二本立てです。

ランチメニューの内容はこちら。

鉄鍋で熱々を提供してもらえるオロチョンラーメンはもちろん、くろ豚骨醤油ラーメンという選択肢もあります。

セットメニューでは、爆豚飯やぎょうざなどを組み合わせることができます。

今回は「火を吹くオロチョン」を「爆豚セット」でオーダー。

あれ、これっていつも食べている組み合わせだな。

オロチョンラーメン「火を吹くオロチョン+爆豚セット」

お昼時ともあって、お客さまの流れがずっと続きながらラーメンを待ちます。

カウンター席とお座敷席は程よい回転をしています。

しばし待って、私の手元にもラーメンが到着です。

こちらです。

キャベツ、にら、もやし、そして刻んだホルモンが具材としてしっかりと盛り込まれているうえに、香辛料がしっかりとかけられています。

最初はこの香辛料を避けるようにしてスープの甘みとうま味を確かめて、少しずつ具材を混ぜあわせながらラーメン全体を頂いていきます。

あっさりしたスープも、ホルモンの甘みがあふれるスープで食べごたえは十分にあります。

そして、セットのごはんもお忘れなく。

この「爆豚飯」がおいしいんですよ。

強火で焼き上げて、炙りのようなフレーバーを残しつつ、キムチが載せられてガッツリと食べたくなる、そんな味に仕上げられています。

香辛料が溶け出したスープの色が変化しているのも、ちらっと見えますよね。

辛いのがお得意な方には、この組み合わせはぜひ食べていただきたいのです。

さいごに:熱々のラーメンはごちそうです。

鉄鍋ラーメンは、食べ終わる頃まで熱々でいただくことができる一方、スープの最後の一滴を楽しむことがなかなか難しいもの。

でも、それでも熱が冷めつつある鉄鍋を傾けながら、れんげをうまく使ってスープを飲みたくなるほどに味わいとコクの深いラーメンが、このオロチョンラーメンです。

何度も食べ慣れてくると、セットのどんぶりを頂いている時間で冷めていく鉄鍋の熱さを確認して、口をつけて飲みきってしまうほどには成長できますからね。

いやはや何はともあれ、最近の緑井地区のラーメン出店が続いているのは個人的に楽しみで仕方ないですし、これでこのエリアが活況になることを期待したいですね。

ごちそうさまでした!

スギのひとことポイント

黒ぶた豚骨醤油ラーメンが気になります・・・。

店舗情報

スポンサーリンク