グルメ・カフェ情報

つけ麺居酒屋 きむらや 〜 広島つけ麺のみならず、たきにく、ラーメン、カレーでお出迎え(広島市南区)

投稿日:2017年6月18日 更新日:

広島駅から続く駅前大通、路面電車を超えた南区稲荷町の側道に「きむらや」というお店があります。

店を構える赤のれんの先には、屋台風情の店内が天井高く広がっています。いろいろと食べたいものが多いラインナップの中で、今回選んだのは広島つけ麺。

それではご紹介します。

つけ麺居酒屋 きむらや 〜 広島つけ麺のみならず、たきにく、ラーメン、カレーでお出迎えの居酒屋(広島市南区)

お店の前には、つけ麺のA型看板がお出迎えです。ひっそりと看板右肩にあるカレー類にも目を奪われますが、ぐっと我慢・・・。これもいずれ・・・!

店内は中央にある厨房をぐるっと囲むようにカウンターがあり、店の奥には焼肉スペースがあります。

さて、カウンターに着いてメニューを拝見です。

広島つけ麺としては、めずらしい大葉というトッピングがあるんですね。

そうそう、このお店は「たきにく」も有名ですね。

これはぜひパートナーと一緒に仲良く食べたいですね。お店の雰囲気と合わせて、デートの食事にも間違いなさそう。

ひとつの鍋でたきにくを食べたあとに、うどんやごはんで〆という流れは相手を選びますもんね。

さてさて、話はつけ麺に戻ります。

辛さの指標はこんな感じで表示してあります。

「社長級」といわれる10辛にしてみます。

オーダーは中盛りとして、出来上がるのを待ちます。

先に届けられたつけだれに、カウンター備え付けのすりごまを足していきます。

ラー油の香りとごまの香りが広がるこの瞬間が、広島つけ麺を食べる前の高揚感をいつも掻き立てるんですよね。

厨房では、麺を冷やすための氷を準備する音、そして麺の水切りをする音がしてほどなく届けられました。

きむらや「つけ麺 中盛り 10辛」

こちらです。

野菜はキャベツ、きゅうり、青ネギに添えられた糸唐辛子。この赤いワンポイントも食欲をそそってきますね。

野菜の量も多めで、しっかりと食べごたえがあります。

麺のプリプリシコシコ感は、つけだれのうまみの深さと相まっておいしくいただけます。

辛味成分は沈殿しているので、つけだれはしっかり混ぜて召し上がれ。混ぜながらいただきつつ、10辛でもそれほど辛くないなあと思っていたのですが、やはり最後にがっつりと辛みはありましたよ。

広島つけ麺をおいしくいただきながら、やはり他のメニューも気になるものがいっぱいの「きむらや」。特に目を引いたのは焼肉屋のカレーとうたわれているカレーライスですね。

次回はこれをいただくことにします。

ごちそうさまでした!

店舗情報

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり)
【エリア】広島県広島市
【どんな人?】
読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。

あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-グルメ・カフェ情報
-,

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.