広島市中心部のお好み焼きといえば、昔ながらの「お好み村」と、新興の「お好み共和国」とビルを並べて広島グルメを代表するランドマークとして存在しています。

そのそれぞれに行きつけのお店があるのですが、今回は「お好み共和国」3階にある「鉄板ガッツ」をご紹介です。

スポンサーリンク

鉄板ガッツ 〜 元プロボクサーのつくるお好み焼き、チーズスペシャルがとにかくオススメ!(広島市中区)

お店は「お好み共和国」3階、エレベーターを降りたら左奥手にあります。

いつもノンアルコールビールと一品料理、そしてお好み焼きをいただきます。

今回もノンアルコールビールと牛すじ煮込み、そしてお好み焼きには「チーズスペシャル」をオーダー。

美味しく煮込まれている「牛すじ煮込み」を撮り忘れて、はじめましての「キリン零ICHI」をグラス無しでいただいている様子がこちらです。

この日は「自然堂整体院」の金井さんと一緒で、ふたりとも同じものをオーダーしています。

店主の中本さんは、元プロボクサー。

赤井英和を倒した大和田正春を2ラウンドKO勝ちを収めた実績をお持ちでいらっしゃいます。そう、店名の「鉄板ガッツ」は、ボクシングから来ているんですね。

着々と焼かれていくお好み焼き。

しかし、よく見ると挟まれた具には「シュレッドチーズ」が焼かれたものが入っているんです。

そう、今回オーダーした「チーズスペシャル」は、中にもチーズ、そして天面にもチーズというチーズづくしのお好み焼きです。

生麺からゆであげたいその麺はパリパリに仕上げられ、ほとんどレアの状態の卵もまたいい印象です。

その横で焼かれるチーズ、ここにはスライスチーズを台に、その上にシュレッドチーズがふんだんに盛られています。

いい感じに熱が加わってきました。この状態で、お好み焼きはソースなどの仕上げが始まっています。

そして、

焼かれたチーズをトッピングして完成です!

まさにチーズづくしの「チーズスペシャル」!

あらかじめかけられたソースの量が適量なのと、チーズの味を損なわないためにも出されたままの状態で食べることをオススメします。

それほどに完成された1枚!

いつもありがとうございます。

ゴールデンウイーク期間中は、お手伝いのスタッフさんもいらっしゃいますよ。

ぜひ足を運んでくださいね。

中本さん、ごちそうさまでした!

スポンサーリンク