広島市南区出島。

宇品港にほど近い工業団地に、ときおり激しい衝動に駆られるうどん・そばのスポットがあります。

うどん・そばだけではなく、むすびや弁当もあります。

新聞や雑誌もそろっています。

それだけ聞くと、ごくごくふつうのうどん屋さんでしょ?と思いますよね。

違うんです。

そこは工業団地の真ん中で長くから続いている『売店』、その名を「五洋売店」といいます。

なぜそんなに魅せられるのか、きょうはその点に触れていきます。

スポンサーリンク

五洋売店 〜 昭和のレトロ自販機が調理するうどん、そばのスポット。トラック運転手にも人気のコンビニ(広島市南区)

五洋売店 ファサード

「五洋売店」は、工業地帯のまんなかに古くからある売店です。

昼間は対人販売でむすびやパン、弁当、それに新聞や雑誌の販売もあります。

近隣の事業所に出入りする大型トラックの運転手が立ち寄って、弁当や飲み物を買うシーンはよくみかけます。

五洋売店 ショーケース

対面販売の脇にはガラスのショーケースに陳列されたむすびやコロッケが。

これらからチョイスすると、ショーケースからピックアップして薄紙ではさみ、未晒の紙袋に入れてもらえます。

こういうざっくばらんな感じって、なんだかレトロですよね。

五洋売店 包装

お店の横にあるベンチで食べることもできますし、もちろん持ち帰ることも出来ます。

五洋売店 むすび コロッケ いなり

私が行った時には、路上で駐車していたトラックの運転手が車内で食べているシーンも見かけました。

そして昼過ぎになると、対面販売は終了して、店の脇にある自販機コーナーだけの営業になります。

ここにその、時折食べたい!と衝動に駆られるうどんとそばのスポットがあります。

五洋売店 富士電機 めん類自動調理販売機 遠影

ご存知でしょうか、富士電機のめん類自動調理販売機を。

今から30年以上前から稼働しているこの機械が、いまでもここで現役として活躍しています。

五洋売店 富士電機 めん類自動調理販売機

広島県内にはここと三次市にある1台。

私が幼少の頃、よく買ってもらっていたという思い出も相まって、冒頭に書いた衝動に駆られるのかもしれません。

メニューは2種類、天ぷらうどんと天ぷらそば。

五洋売店 待ち時間

いずれも230円です。

お金を入れて約25秒待つと、あたたかいうどんやそばが提供されるのです。

どんなふうに調理をしているのかは、こちらの動画が詳しいのでご覧になってください。

かなり衝撃的な調理風景になっています。

そして、25秒たつと自販機から商品が出てきます。

五洋売店 自販機から出てくる天ぷらそば

これを引き出して、自販機に備え付けてある割り箸や七味を取って、いざ実食となるわけです。

五洋売店 天ぷらそば

地道な仕込みが毎日の販売につながっている

動画を見ていただいたらおわかりのとおり、あらかじめ容器に麺や具材をセットしておく必要があるんです。

その仕込みをされた様子が、売店の奥に見える冷蔵庫の中にあるのを発見しました。

五洋売店 仕込み

なるほどこのひと手間があっての五洋売店さんのうどん、そばなんですね。

ちなみに私が動画を撮影したものもあります。

こちらもよろしければ、ぜひ。

昭和の記憶と、いつまでもあって欲しいという思いと

機械の老朽化もおそらくオーバーホールしながら使っていらっしゃるのでしょう。

毎日の仕込みと補充があるから、ここのめん類自販機には営業時間が定められています。

そう考えると、ひとつのお店を構えていることに等しいにも関わらず、毎日の仕事に対してこの価格での提供は、単なるノスタルジーを超えた感謝の気持ちさえ私には湧き上がってきます。

個人的な幼少の思いをここで追体験しながらも、いつまでもあって欲しいと願うお店、それが「五洋売店」さんです。

ごちそうさまでした!!

店舗情報

広島県にもう1台あるのはこちら

スポンサーリンク