スギ(@sugi_pallat)です。

広島市中区幟町にある中華料理店では、小鳥系といわれる広島中華そばをいただけるお店があります。

スポンサーリンク

冠生園 〜 広島ラーメン老舗、すずめの味をいただける中華料理店(広島市中区)

お店は広島市中区幟町にあり、八丁堀交差点から徒歩3分程度の場所にあります。

2018年4月5日にリニューアルされました。

ランチタイムには焼き飯とラーメンのセットが通常よりも100円安くいただくことができるので、近隣の会社員で賑わうこちらのお店で、私もひさしぶりに中華そばとミニ焼き飯をいただくことにしました。

メニューブックを見ていたら、堂々と書かれていました。

リニューアル前にも中華そばとミニ焼き飯をいただくために何度も足を運んでいました。

そして今回もまた、中華そばとミニ焼き飯をオーダー。

中華そばをお願いすると「醤油ですか? とんこつですか?」と尋ねられるので、広島ラーメンをいただきたいときには「とんこつ」とお願いしましょう。

リニューアル前の雰囲気はもうありませんね。

お昼どきを少し外して来たこともあり、店内には私以外に3名ほど。

そんな店内には、厨房から聞こえるチャーハンを煽る中華鍋のカチンカチンという音が小気味よく響くのです。

冠生園「中華そば+ミニ焼き飯」

今回お願いしたものがこちらです。

もうこの上ないほどに定番のなかの定番といえるルックスの中華そば、そして焼き飯。

かつて、こちらの中華そばは広島ラーメンの老舗「すずめ」が閉店された以降にメニューを引き継いで営業されていたということもあり、そのときのテイストも感じられる懐かしさがスープから広がってきます。

パラパラに仕上げられたチャーハンもおいしくて、平日ランチにこの組み合わせをいただくと昼からもがんばろうと素直に思えるものです。

さいごに:街なかで食べられる広島”小鳥系”中華そば

今回は、広島市中区幟町にある「冠生園」をご紹介しました。

いわゆる広島ラーメンをいただこうと思うと、広島の市街中心部にはなかなか店舗がないのですが、そのひとつとしてきゃんとおいしいし、ふと広島ラーメンを食べたくなったときには自然と足が向かう、そんなお店です。

中華料理店ということもあってメニューのレパートリーは広いですし、近隣の出前も展開していらっしゃる点では古き良き、懐かしくてちゃんとおいしいお店としてご紹介いたしました。

ごちそうさまでした!

インスタグラム

店舗情報