スギ
この日がやってくるのをどれだけ待っていたことか!

スギ(@sugi_pallat)です。

macOSやiOSのオフィススイートとしてアップルが無償提供している「Pages」「Numbers」「Keynote」に、いよいよ縦書き対応となるアップデートがやってきました!

スポンサーリンク

macOS「Pages」にいよいよ縦書きがやってきた!iOSを含む「iWorks」すべてに実装!

マイクロソフト製の「Office」、とりわけ文書作成アプリケーションの「Words」と比較されては「縦書き入力がない」ということをずいぶん古くからいわれ続けてきた「Pages」に、2019年3月28日のバージョン8.0公開を機に縦書き入力ができるようになりました。

それも、日本語、中国語、韓国語がサポートです。

横書きをメインにすると、どうしてもビジネスレターやニュースレターに偏りがちになりそうですが、縦書きがサポートされることで物書きとして作品をつむぐ方にも改めて興味を持ってもらえそうです。

文書の新規作成を選択すると、テンプレートのなかに縦書き用のものが用意されています。

もちろん、すでに編集している文書をチェックボックスをワンタッチするだけで縦書き/横書きに変更することだってできます。

電子書籍もラクラク

縦書きの入力を少し試してみました。

入力や変換に違和感を感じることなく、スマートに執筆をすることができるので、これまでに「Word」を使ってきた方にもスムーズに移行できるように感じます。

「Pages」においては、前回のバージョンアップ(バージョン7.3)でApple Booksに直接公開できるように仕様変更されていますから、ブックを公開したい方にはますます表現の幅が広がったということになりますね。

「Numbers」「Keynote」にも縦書きがサポート

今回「Pages」だけではなく、「iWorks」として包括されている「Numbers(OfficeでいうところのExcel)」、「Keynote(OfficeでいうところのPower Point)」にも縦書きがサポートされています。

個人的には「やっと来たか!」というバージョンアップであることには間違いないのですが、焦らされたぶんはきちんとアウトプットでモトを取っていくつもりでいますよ!

さあ、Macで縦書きを望んでいたあなた、さっそくダウンロードを!

▼ macOS用「iWorks」はこちらから▼

‎Macのための文書作成アプリケーションPagesを使えば、ほんの数分で美しい文書を作成できます。手始めにAppleがデザインしたテンプレートを使って、豪華なレポート、デジタルブック、履歴書、ポスターなどをすばやく作成してみましょう。空白の書類を使って独自のデザインで作成することもできます。画像、ムービー、オーディオ、グラフ、図形も簡単に加えることができます。コメント、変更のトラッキング、ハイライトなどの機能を使って文書を見直すこともできます。さらにiCloudが、あなたのすべてのデバイス上で文書を最新の状態に...
‎Mac用のNumbersで、美しいスプレッドシートをつくりましょう。Appleがデザインした豊富なテンプレートから好きなものを選ぶだけで、家計簿、チェックリスト、請求書、住宅ローンの計算表など、様々なものを作成できます。自由自在に形を変えられるキャンバス上では、表、グラフ、テキスト、画像を好きな場所に加えることができます。数式を記入し始めると、その瞬間から250以上のパワフルな関数のためのガイドや内蔵されているヘルプを利用できます。データをアニメーション化できる、新しいインタラクティブな縦棒グラフ、横棒グラフ...
‎Keynoteなら、パワフルで使いやすいツールと魅力的なエフェクトを使って、誰にも真似できないような美しいプレゼンテーションを簡単に作成できます。 まずはテーマセレクタでAppleがデザインした30種類のテーマをプレビューし、あなたのプレゼンテーションにぴったりのキャンバスを選びましょう。そこには新しいテーマやデザインが一新されたテーマがそろっています。あとは仮に置かれているテキストと画像をあなたのものに変更するだけです。使いやすいツールで表、グラフ、図形、写真、ビデオをスライドに追加したり、そこに映画の...