スギ
濃厚なトリプルスープのラーメンをご紹介します

スギ(@sugi_pallat)です。

数多くの方からご紹介していただいておりながら、交通アクセスと私の予定を合わせづらくてなかなか足を運べていなかったお店「平の家」へ行ってきました!

スポンサーリンク

平の家 〜 「厳島」と呼ばれる絶品トリプルスープラーメン(広島市佐伯区)

今回ご紹介するのは、広島市佐伯区の「平の家」。

楽々園のほの湯から隅の浜に向けて移動していると、この看板が目印になりますよね。

お店の前の駐車場はいつも車の入れ替わりが頻繁になされているイメージがありますね。私が訪れた日は平日の夜9時前で、先客に2台の車、3名の方がいらっしゃっていました。

店内に入って、カウンターに案内していただきメニューを眺めます。

最初のページだけでも、幅広さがうかがえますよね。

セットのサイドメニューも豊富です。

つけ麺に汁あり担担麺もあります。汁あり担担麺は、仕上げにチーズリゾットとしていただくことができるのはポイントですね。

スポットメニューも案内があり、何度も足を運びたくなるラインナップが揃っています。

そんな中で今回選んだのはこちら。

新広島らーめん「厳島(いつくしま)」。

ラーメン好きの友人、それも複数から「ぜひぜひ!」とご紹介をいただいたので、選ばない訳にはいかないですよね。

この日は時間が遅かったこともあり、ラーメン単品をお願いして待ちます。

平の家「厳島」

しばし待つこと、やってきました。

こちらが平の家「厳島」です。

しっかりと炊きだされたスープは、濃厚でコクとうまみにあふれていてトリプルスープの奥深さを感じることができます。

丼の半分を占めようかという大判の炙りチャーシューは存在感も食べごたえも申し分ありません。

濃厚トリプルスープにしっかりと絡む中細丸麺は、細微のバランスを崩さずに最後までおいしくいただくことのできる1杯に仕立て上げています。

もちろん、スープも最後の1滴までおいしくいただきました。

さいごに:ひとすくいでわかるうまみのすごさ

今回は広島市佐伯区「平の家」で、新広島らーめん「厳島」をご紹介しました。

広島にも魚介スープをメインとしたお店が多く見受けられるようになってきて、もともと根づく豚骨醤油ラーメンとの融合も同じく多く見られます。

ベースとなるスープが増えれば、そのバランス調整はしょうゆのかえしと合わせて困難になるところを、濃く炊きだされたスープの上で仕立て上げられているところにまた足を運びたくなる思いが強くなります。

今回紹介した「厳島」以外にも気になるメニューが多くあるので、折を見て再訪することにします。

ごちそうさまでした!

ツイッター・インスタグラム

https://twitter.com/sugitabe_hrsm/status/1102540231021080576

店舗情報