スギ(@sugi_pallat)です。

台湾まぜそばというスタイルは知りませんでした。

スポンサーリンク

とりの助 〜 台湾まぜそば登場!個性的で食べごたえのある一杯(広島市中区)

広島市中区新天地にある「とりの助」で、そのメニューを見つけました。

「とりの助」といえば、「ばり馬」などを展開されるウィズリンクさんのブランド店です。

特濃鶏白湯スープのラーメンはおなじみとして、それと肩を並べる台湾まぜそば大々的にプッシュされています。

山椒とにんにくの効いた甘辛ミンチに卵黄と魚介節粉という謳い文句に、麺は大盛りでも無料、さらには並盛りでも230gというボリュームは見た目からもそのインパクトが伝わってきますね。

店内に入って、券売機でさっそく食券を購入してカウンターにつきます。

改めて見ると、具材がふんだんに載せられているのがわかります。生のニラまで入っている点が台湾まぜそばの特徴でしょうか。

ラーメンが到着するまでは、ウィズリンクさんのお店特有のこちら。

漬物をいただきながら待ちます。

目の前で盛り付けが進み、いよいよ登場です。

とりの助「台湾まぜそば」

こちらです。

やってきました。

メニューボードとほぼ遜色のない盛り付けはていねいになされていて、卵黄が美しく輝いています。

生のニラもこのとおりたっぷり。

この丼、底が深い丼になっているので、見た目以上にボリュームがあるんですよね。

さあ、食べていきましょう。

まずは卵黄をくずして広げていきます。

そして底からおもいっきりかき混ぜていきます。

太平麺にすべての具材が絡んできたら食べごろ。魚粉とニラ、にんにくの効いたパンチある一杯をがっつきましょう!

お店の方にお願いすれば、お酢を用意していただくこともできます。卓上のラー油とあわせて味の変化を楽しみましょう。

今回は注文しなかったのですが、締めには白ごはんを投入してもいいでしょうね。

さいごに:にんにくたっぷりでエネルギッシュに!

今回はとりの助の「台湾まぜそば」をご紹介しました。

なかなか馴染みのないメニューですし、生のニラやにんにくがどんと使われているので抵抗を感じるかもしれませんね。しかし、スープのバランスがよくて軽くぺろりと食べられるような味付けになっていて、にんにくのインパクトも素直に受け入れられました。

もちろん、オーダーのときににんにくやニラを外してもらうことも伝えれば大丈夫なので、まずはこのスタイルのまぜそばを試してみてくださいね。

ごちそうさまでした!

ツイッター・インスタグラム

https://twitter.com/sugitabe_hrsm/status/1084072861973835776

店舗情報