スギ(@sugi_pallat)です。

店の前の風景はかつてのそれとは違えど、きっと昔も今も変わらない味なんだろうなと思わせる1杯の中華そばをご紹介します。

スポンサーリンク

竹の家食堂 〜 これぞ昔ながらの広島ラーメン!懐かしさあふれる中華そば(広島市南区)

今回ご紹介するお店は、広島市南区にある「竹の家食堂」です。

以前ご紹介した「お食事処 みやち」の近くにあり、スタイルも似ていて昔ながらの食堂をほうふつとさせてくれるのです。

スギ(@sugi_pallat)です。昔ながらの家庭的な食堂って、それだけで気持ちが満たされることってありますよね。お食事処 みやち 〜 宇品地区の住宅街に昼間はごった返す...

店内に入ると、おかずが用意された棚が目に入ります。

この棚に収まりきらないおかずは、テーブルの上にもびっしり。

そしてこの棚の上には、ちらし寿司やいなり寿司が用意されています。

先に紹介した「みやち」同様、こちらのおかずを選ぶと同時にめん類や丼ものを注文することができます。

ここでぜひご紹介したいのが「中華そば」。

「竹の家にいくなら、中華そばはマストですよ!」と推してくださる方が多くいらっしゃったので、それならばとオーダーです。

お店に入って「中華そば」をオーダーし、いなり寿司が載せられた皿を手に掘りごたつのテーブルへと着きます。

お昼前に訪問したにもかかわらず店内は少しずつ込みはじめていて、そのほぼすべての方が中華そばをオーダーしていらっしゃいました。

なるほど人気のほどが伺えます。

他に「野菜炒め」を注文される方もあったりと、なかなかに興味深いお店です。

竹の家食堂「中華そば、いなり寿司」

さて、程なくして中華そばが運ばれてきました。

こちらです。

しっかりと炊きだされた鶏ととんこつのスープは、少し濃い目の醤油で仕上げられた豚骨醤油ラーメンとしてやってきました。

このスープをひと口すすると、その瞬間に「そう、この味!」といいたくなる懐かしさを感じるのです。

昨今の複雑な味を追求したスープもそれはそれでおいしさの極みだとは思う一方で、ノスタルジーを感じさせてくれるスープはそれだけでごちそうです。

少しやわらかめにゆで上げられた麺も、その懐かしさに拍車をかけてくれます。

昔ながらのスープには、コツコツしていたりかためにゆでられた麺が不釣合いなんですよね、と個人的にはずっと感じています。

このいなり寿司はボリュームがあって、1杯のラーメンとともに食べるとそれだけでおなかが満たされます。

ちょっと酸味の立ったシャリに、具材もしっかり混ぜられているすし飯もまたごちそうなんですよね。

さいごに:広島ラーメンを語るならぜひ!

今回は、広島市南区にある「竹の家食堂」をご紹介しました。

昔ながらの食堂スタイルではありますが、多くの方から聞かされていただけのことはある中華そばのおいしさ。

これは、広島に数ある有名店のそれほど名前を聞かないかもしれませんが、この味は必ずチェックしておいてほしい1杯です。

特にこちらの中華そば、1杯400円と価格のことを話題にされがちですが、価格よりもその味を堪能してください。

昭和風情の食堂でいただく、昔ながらの中華そば。

ごちそうと呼べる1杯だと私は感じました。

ごちそうさまでした!

ツイッター・インスタグラム

店舗情報