スギ(@sugi_pallat)です。

2018年3月29日に広島駅北口にオープンした「ekie DINING(エキエダイニング)」。

オープン前日には関係者内覧会に行ってきて、その雰囲気を味わってきましたが、グランドオープンのきょうはさっそく一般客として足を運んできましたよ。

ekie DININGで最初の食事に選んだのは、我馬の中華そば!

スポンサーリンク

中華そば我馬 〜 広島駅で広島ラーメン!ストレートなとんこつ醤油をekie DININGで(広島市南区)

グランドオープン前日の関係者内覧会に行ってきた感想は、こちらにもまとめています。

内覧会に行ってきた!広島駅北口にオープンする「ekie DINING(エキエダイニング)は新業態、広島グルメでいっぱい!
スギ(@sugi_pallat)です。広島駅のリニューアルが進み、2018年3月29日にはekieにグルメエリアがオープンします。オープン前日となる今日、関係者内覧会に行ってきまし...

エキエダイニングのグランドオープンテナントのラインナップに「我馬」の名前を見かけたときには、はっきり言って戦慄が走りました。

新幹線北口エリアには、すでに「麺屋台 我馬」の展開があるなかでのエキエダイニングに出店というのは、攻め続けているなあという印象ですからね。

しかも、「我馬が広島のとんこつ醤油ラーメンを展開する」というのですからなおさらです。

そんななか、オープン初日の午後2時前に伺ったときには、店内はほぼ満席でお客様が入れ代わり立ち代わりの状態。

屋台をイメージさせる店づくりは、エキエダイニングのトータルデザインにもうまくマッチした色調に仕上がっていました。

すぐに席につくことができて、メニューを拝見です。

いつもの白うま、赤うまの名前は見かけることなく、純粋に「中華そば」一本です。

サイドメニューに「サバむすび」とあるところに、広島ラーメンでもそういう展開をされているところをモチーフにされているんだろうなあと感じるところがあります。

今回は「中華そば+サバむすび」をオーダー。

テーブルとレジ横には、このショップカードが備えてあります。

QRコードで動画を視聴することができるので、ラーメンが届くまでの待ち時間を過ごすこともできますね。

グランドオープン初日、スタッフの方が多くいらっしゃって、慣れないオペレーションの中にも活気があふれているところは楽しそうな雰囲気でした。

そうこうしていると、サバむすびがとどき、しばらくして中華そばもやってきました。

中華そば我馬「中華そば+サバむすび」

まずはサバむすび。

ほぐしたサバと広島菜を混ぜ込んだごはんを、のりで巻いたおむすびに仕上がっています。

そして、中華そばもやってきました。

こちらです。

もやし、ももチャーシュー、ねぎ、そしてメンマと載せられた、オーソドックスなルックスです。

スープをひとくちすすると、そのトップノートは昔から懐かしみのある名店のそれを感じさせるような、いってしまえばど真ん中を貫く広島ラーメンのそれを味わうことができます。

しかし、それでいて甘さやくどさのバランスが絶妙で、ともすればしょうゆカドがたっていやらしい甘さが口に残るスープもある広島ラーメンの中でも、きちんと分け隔てて洗練された飲みくちでした。

麺は中太丸麺をふつう麺とやわ麺の中間となるような絶妙なゆで加減で仕上げられていました。

濃くて辛すぎないスープとの絡みも絶妙で、きちんと広島ラーメンの名店に肩をならべる一杯でした。

さいごに:ラーメンと食を知り尽くした、後発の一杯

社員研修として積極的な食べ歩きをなされている様子をブログで拝見することができる我馬の、ラーメンや食を学び続けている人たちがつくりだす一杯のすごみを感じました。

見方によっては、オーソドックスで差別化がなされにくいという評価もあると感じられる味わいでもありますが、ど真ん中ストレートの広島ラーメンを堂々と、しかも広島の玄関口で提供される勢いはさすがです。

広島ラーメンをベースに、トッピングやスープの変化でメニューのバリエーションもあるので、また再訪してみることにします。

ごちそうさまでした!

スギのひとことポイント

スギ
サバむすび、オススメですよ

店舗情報