スギ(@sugi_pallat)です。

流川を歩いていると、「ソーキそば」の看板を見かけることがあるじゃないですか。どんなものかなあ、って感じながら伺ったところ、これが格別のお味だったので今回はこちらをご紹介します!

スポンサーリンク

比嘉商店 〜 流川で目を引く飲んだ後でもおいしい〆のソーキそば!だしの味が格別です!(広島市中区)

今回ご紹介するのは「比嘉商店」、流川通りのちょうど真ん中あたりにあります。

「比嘉商店名物」と銘打たれると、それだけでそそられてしまいます。

しかも、通りがかった日は軟骨ソーキそばが500円という特別プライスに!

それは行かなきゃ損ですよね。

1階の店内は奥まで続くカウンターがあります。2階にも席があるようなので、こちらは大勢でうかがうときに利用させていただきましょう。

ソーキそばは金曜日と日曜日に日替わりイベントとして500円で提供されているようですね。

壁に貼られたPOPから気になるソーキ料理、「軟骨ソーキの唐揚げ」というのを見かけました。おお、これはこれで気になるアイテムです。

しかし今回は「ソーキそば」をオーダーです。

ちなみにソーキとは、豚のあばら肉のこと。スペアリブですね。

比嘉商店「ソーキそば」

しばし待って、届けられたのがこちらのソーキそば。

こちらです。

トッピングには柔らかく炊き上げられたソーキ、かまぼこ、そしてネギ。

スープをいただこうと器に顔を近づけると、やさしいだしの香りが立ち上ります。

実際にスープを口に運ぶと、昆布のうまみと豚骨ベースのあっさりした味が広がります。このスープのこだわりは本格的ですよ。

手打ちの太平麺も小麦の味をしっかり感じられて、あっさりスープとしっかり絡んで、これ一杯でも満足度がとても高いんです。

軟骨まで食べられるソーキがアクセントになって、このそばのレベルの高さをさらに引き上げていますよ。とにかくおいしい!

味に変化をさせたければ、こちらの島とうがらしをどうぞ。

使い方には「適量をふりかけて」とありますが、小さじ1杯の量でもかなりのパンチが効いてきます。

泡盛と唐辛子のコンビネーションの鋭さにはご注意を!

さいごに:最後の〆にはデザートのプレゼントも

垂れ幕のインパクトのままに、ソーキそばのおいしさを堪能することができました。居酒屋利用としてももってこいのメニューが揃っているので、締めのラーメンまでをこのお店で過ごすためのプランニングもぜひ組み立てたいですね。

お会計をしてお店を出るときに、サーターアンダギーをひとついただきました。こういう気遣いってうれしいですよね。

また来ます!

ごちそうさまでした!

スギのひとことポイント

スギ
ハイレベルなスープはいただく価値あり!

店舗情報

グルメ
スポンサーリンク