広島市では、6月の第1金曜日からの3日間で「とうかさん大祭」、最近では「ゆかたできん祭」と呼ばれるお祭りが開催されます。

全国一早い、浴衣で街に繰り出すお祭りとしてしられていますが、私はお祭りそのものよりも「露店」が気になるのです。

どんな露店が出ているのか、それを気にしてみていると流行やマーケティングを意識する機会にもなって悪くないんですよね。

さて、2017年夏の露店で私が気になったお店は4つありましたので、ここでご紹介します。

スポンサーリンク

2017年「ゆかたできん祭」とおかさん大祭で気になった露天を押さえておこう。

トルコアイス

びろ〜んと伸びることで知られるトルコアイス。正しくは「ドンドゥルマ」って言うんですね。

そのトルコアイスはスプーンで持ち上げるときにもびろ〜んと伸びるわけですから、カップにすくうときにもびろ〜んと伸びます。

長い棒の先にくるくるっと巻きつけたアイスをコーンパックの上に載せるのはもはやアトラクションです。

これを見たいがために購入している人も少なくありませんでした。

電球ソーダ

「ピカピカソーダ」というネーミングですでに流行をしていたもので、ソーダが入れられている容器は形も機能も電球!

つまり、容器がピカピカ光るというわけです。

この機能のなにがもてはやされるかといえば、SNS映えするという点。

ピカピカ光る美しさに、インスタグラムではこの夏も多く見かけることになりそうです。

フルーツスライス

凍らせたフルーツをスライスしてあります。

かき氷を食べるよりもよりフルーティで、トッピングにミルクをかければジュースっぽくもなるというアイテムです。

彩りも美しいので、女性に人気のアイテムになっています。

喜多方名物拉麺バーガー

出自は2008年頃、ラーメンの麺を焼き固めてバンズの代用にしています。

具材は角煮などを入れるようですが、味つけにしょうゆ、みそ、しおとあればますますラーメンのテイストを感じずにはいられません。

ちょうどこの露店の目の前には、「餃子の王将」などといったラーメン店がありますが、まあそれはそれとしておたのしみください。

さいごに

今年の夏の露店は、「今シーズン初!」といった目新しさは特に感じませんでした。

とはいえ、屋台や露店のジャンク感はお祭りの賑わいで高ぶるもので、そのときに食べたいものを一緒にいて楽しい人と食べながらワイワイしたいものですよね。

これからも露店にフォーカスしたベンチマーキングは続けていきますよ!

スポンサーリンク