グルメ・カフェ情報

らーめん専門店 煮干しと豚 〜 もんごいのセカンドブランドにして独特の一杯!(広島市南区)

投稿日:2017年2月11日 更新日:

2016年の年末にオープンして以来、気になりながらもなかなかタイミングを見つけられなかったこちらのお店。

高まる期待を胸に、やっとお伺いしてきました!

らーめん専門店 煮干しと豚 〜 もんごいのセカンドブランドにして独特の一杯!(広島市南区)

場所は段原中央交差点のすぐ北側、大通りの西側にあります。

お店の名前は『らーめん専門店 煮干しと豚』といい、これほどまでにわかりやすいネーミングのお店があっただろうかといういさぎよさ。

これも、『もんごい』のセカンドブランドとしてソリッドに仕立て上げた意気込みなんでしょうね。

お店、食事前の印象

▲ 店頭にはメニューの写真を添えた立て看板があります。低温調理チャーシューが前面に押し出されていて、さすがもんごいさんだと思わせますね。

▲ オープンチラシがお店の窓一面に張り出されています。チラシさえもシンプルでソリッド!

▲ 今回は「にぼぶた塩玉子」をオーダー。白めしもいただきます。

食事したメニューの名前

▲ もんごい店主の朝崎さんがお店に立たれて調理される珠玉の一杯がこちら、「にぼぶた塩玉子」がこちら。

▲ 鶏チャーシューと低温調理チャーシューの2枚重ね。粗挽き黒こしょうと合わさって、絶妙な味わいです。

▲ あおさと青菜、そしてきくらげも添えられて、それだけでもパンチの有るスープをいろいろなバリエーションで楽しむことができます。

▲ そして肝心のスープ。店の看板にもある煮干しと豚のスープの味わいは、圧力調理されて豚骨の髄まで炊きだされたクリーミーな味わいと、煮干しの香りがうまく調和されています。

煮干しを使ったスープのラーメン店は広島にも多く出てきましたが、バランスが難しいんですよね。

中太麺との絡みも絶妙な一杯、おいしくいただけました。

白めしはおかわり自由、おかずも食べられます

100円でオーダーできる白めしは、セルフサービスでお代わり自由です。

そして、漬物やおかずも自由に食べることができるので、コンディションに合わせてボリュームを決めてください。

まとめ

もんごいさんのブランド、そして店主の朝崎さん自らがお店にたっていらっしゃるので、信頼と実績の一杯をいただくことができます。

11時30分から16時までという営業時間ですので、昼下がりでも食べることができるのがうれしいですね。

私も早々に再訪して、もうひとつのお味をいただきたいところです。

ごちそうさまでした!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり)
【エリア】広島県広島市
【どんな人?】
読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。

あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-グルメ・カフェ情報
-, ,

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.