以前、読書会でこの本を読んでから「よし、私も長財布を使うぞ!」と決意をしました。

長財布と一緒に同じブランドのコインケースも買って、ちょっとデキるビジネスパーソンになった気分でいました。

あれから時は流れ、そのときに買った長財布は引き続いて現役なのですが、問題はコインケース。

スポンサーリンク

仏の顔も三度まで

実は、2回なくしました。

その都度、まったく同じものを買ってやり過ごしていたんです。

新調するたびに「今までの習慣を見なおそう」と、かばんの定位置を変えたり、ポケットに入れるときの場所さえも意識するのですが、つい先日の話です。

 

3回目の紛失を起こしました。

 

もうこうなると根本的な問題解決を図らないといけない。

ちなみに以前使っていたコインケースはこちらです。

持ち物は全体的に暗めに揃っている私のかばんの中で、いつも迷子になっていたコインケース。

定位置を決めていたとしても、ついつい慌ただしくしたときにいつもとは違うところに放り込んだばかりに、かばんをひっくり返して探しまわったことも。

こうなったときに私が考えた「なくさないための小銭入れ選び」をこのように定義しました。

明るめの色にすればいい

ということで、アマゾンをうろうろしていて購入したのがこちら。

1 2
スポンサーリンク