先日、「キャラレター」というサービスがあることをこのブログでお伝えしました。

がんばる娘に「キャラレター」というアニメキャラからの手紙を送ろうと考えているんだ。
5歳になる娘は、保育園で教わってきたことをうちで話してくれたり、ヒマさえ見つければ壁に向かって逆立ちをしたりとものすごくアクティブに育っています。そうかと思え...

キャラレターとは、手紙を贈りたいシーンと、好きなキャラクターを選択することで自宅にそのキャラからの手紙が届くというものなんですね。

ピアノの発表会に保育園の運動会と、5歳児にとってはかなり目白押しだったイベントの連続に、日ごろから保育園で頑張っている様子を先生からも聞かされていることを受けて、このキャラレターの力を借りてほめてやりたいと考えたんですよ。

プリキュア大好きな娘ですから、選択するキャラはもちろんこちら。


▲ こちらから申し込みできます。

キャラレター、到着!

運動会の開催日にあわせて到着するように申し込みをして、さあ、届いたのがこちらです。

郵便受けから取り出したこの手紙には、娘が読めるように受取人を「ひらがな表記」しました。

「プリキュアから手紙が来たよ!」と手渡すと、それだけで「え?なんで?なんで??」と興奮気味に開けたがる娘。

開封のお手伝いをすると、さっそく姿勢正しく読み始めました。

目をキラキラさせながら手紙を読む娘に、ちょっと感動して涙が出そうになったのはここだけの話です。

本人がなにより喜んだのは、プリキュアたちからのメッセージとは別に、カスタマイズで設定できるメッセージの部分でした。

キャラクターからのメッセージはテンプレートなので、呼びかけの名前の部分のみは変更できますが、それ以外は手を加えることができません。

でも、左下のフリースペースには、全角60文字までのメッセージをカスタマイズで設定することができるんですね。

これが娘の心をわしづかみにしてくれました・・・とはいえ、メッセージを書いたのは私なんですけれどもね。

運動会では本当に張り切って、かけっこや競争で1位を取るという本人にしても活躍したこともあっただけに、親としては直接その言葉かけをしましたが、大好きなキャラクターから同じように呼びかけられれば、気持ちは高ぶりますよね。

同封のフォトスタンドと一緒に

手紙と一緒に、フォトカードとフォトスタンドが同封されていて、これを組み立てると「たからものができた!」とさらに喜んでくれました。

サンタクロースのお話と一緒で、純粋な気持ちで受け取ってくれる子どもをほめるのには最適なツールだし、これがきっかけでさらに高い目標を目指してくれるならば本当に嬉しい気持ちになります。

プリキュア以外にもたくさんのキャラクターが準備されているので、シチュエーションにあわせて使い分けるのもいいですよ。

アニメキャラからの手紙なんて、と言う前に一度このサービスをチェックすることをオススメします!

子どもの嬉しそうな顔をみるのがイヤな親って、いるわけないじゃないですか。ねえ。


スポンサーリンク