書評

SNS時代の文章術とは言っても、ことばを紡ぐ原理原則は時代に左右されない。

投稿日:2016年6月14日 更新日:

SNS時代と著者が呼ぶ現代社会、
物書きとして何かを伝える手段に
昔と何が違うのかと言われれば
実はそれほど大差はないように考えます。

それが意味するところは
良い文章と言われるものは
伝えたい内容が伝えたい相手に対して
十分な形で伝わることで評価されるもので、
書き手だけが満足した文章で
それが相手に評価してもらえないのであれば
良い文章とは呼ばれません。

文章術の基礎は、時代やアウトプットが変わっても大差はない

となると、SNS時代であろうとなかろうと
文章術の基礎というのはそれほどに
変わりがないものといえます。

Twitterに代表されるように
発信される文章は
どんどん短くなっていきます。

しかし、そこにパーソナリティがやどり
しかもそれがメディアを動かし
時代の潮流を生むことさえありうると思えば
そういう文章が多産される時代にこそ
著者が提唱する昔ながらの
文章組み立て法を知るのも
悪く無いでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり)
【エリア】広島県広島市
【どんな人?】
読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。

あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-書評

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.