「ブログ飯」とは、
ブログでごはんを食べること。

つまり、ブログを運営して
生活を成り立たせることをそれといいます。

「個性を収入に変える生き方」
という副題に魅せられると、
短絡的に
「好きなことをして生活できるんだ!」というふうに
錯覚しがちです。

スポンサーリンク

本当は泥臭く、近道はないブログ道。

もちろん苦労を厭わない人にしてみれば、
結果としてそういうゴールを迎えることも
可能だということは
この本からも学ぶことは出来ます。

ただ、大半の人にしてみれば、
ブログで生活を成り立たせるなんて・・・
と意気消沈してしまうはず。

その原因は、
初期衝動と
読んでくださる方のために継続して行動する、
このふたつの意思が
どれだけ強いものであるかということに
起因しそうです。

著者が会社を辞めて
ブログで一本立ちするまでのストーリーは、
強烈な初期衝動になりうるストーリーです。

そして、いかに継続していくか
ということに話は進みます。

ひとことでブログで生活を成り立たせる
とは言っても、
Googleアドセンスなどの
広告収入を得るものや、
商品紹介によるアフィリエイト、
はたまた集客のための有益な情報を提供し続けて、
セミナー等のリアルビジネスにつなげる
などとその手段はさまざまです。

結局、ネットでビジネスをすると
らくらく稼げちゃうんでしょ?
という人は、
その裏にある泥臭い活動を
甘受できるかどうかに
成功へのはじめの一歩があって、
そこからどういう手段で
収益を上げていくかということを
見定めていくということについて、
この本はマインドセットの部分から教えてくれています。

ブログを運営している人は、
自身のブログを収益化するしないにかかわらず、
一度読んでみてください。

そして、同じくブロガーである私とお話しましょう^_^

スポンサーリンク