スギ(@sugi_pallat)です。

iPhoneのケースはだいたい半年サイクルで買い替えを行っていて、1つのモデルを2年間使う私にとっては、その期間で4種類のケースを購入していることになります。

前回購入したものも約5ヶ月半の使い込みでそろそろ疲れ気味の様子が見えてきたので、1つのケースには1,000〜2,000円を予算と考えるなかで新しいケースを購入することにしました!

スポンサーリンク

iPhone 7 Plusのケースを買い替え!PUレザーは高湿度に不安があるも、マグネットタイプで見た目と手ざわりは上品な手作り品!

まず、以前購入していて使用したものについては、こちらをご覧ください。

この記事に追記をした通り、半年間の利用でカード入れの部分が破れてしまうという事態になりました。

スギ
私の使い方に問題があったのかもしれない・・・

そこで、今回購入したのは、こちらです。

それでは、説明していきます。

選んだ理由

このアイテムを選んだ理由は、次の3つです。

  • 手帳型だということ
  • デザインがおしゃれだということ
  • マグネットを使っていないということ

以前はマグネットを避けたのですが、現在はマグネットと干渉すると困るもの(クレジットカードやキャッシュカード)をバッグの中で分離しているので、改めてマグネットタイプを選択してみました。

写真で紹介

Amazonで購入すると、ハードケースに入った状態で届けられました。かなり丈夫な箱です。

箱の中では袋に入れられた状態で、革製品を購入したときのようなファーストインプレッションです。

袋から取り出した様子がこちらです。

ミシンの裁縫が、ていねいな仕事を感じさせますね。PUレザー(フェイクレザー)ですので、見た目と手ざわりは本当におしゃれでさわっていたくなるようなケースです。

開いた様子はこちらです。

カードは2枚まで収納可能、ポケットがあるので名刺やメモなどをストックしておくことも可能です。

実際に装着してみた

はめ込むときも無理に押し込むようなことはなく、それでいてフィット感は抜群です。

ケースのバリもなく、ていねいな仕上げになっています。

スリープボタン、ボリュームボタンの部分も、押したときの感触がしっかりと手に伝わってくる仕上がりです。

交通系ICカードも、こんな感じに収まります。

カメラ部分はこのようになっています。撮影の仕上がりはライトを点灯してもしていなくてもそれほど違和感はありません。

まとめ:質感を求める方は買いです!でも、湿度に注意!

フェイクレザーと呼ばれるPUレザー製のこのケース、見た目の革製品感と手ざわりはなかなか高評価です。ただし、この材質のデメリットは、水に濡れたりしたときに「加水分解」と呼ばれる化学反応を起こしてもろくなりやすいという性質があるので、湿度の高い環境での扱いには注意が必要です。

使用感については、またお知らせしますね。

以上、スギでした。