広島発!本をぱらっと読む感覚で、ビジネス、ライフハック、グルメ情報をお届けします。

スギぱら




書評

愛ある子育てマンガは、苦労のエピソードでもニコっとしてしまう。

投稿日:2016年6月11日 更新日:

月間150万PVを誇る育児ブログ
「たまご絵日記」を運営していらっしゃる
ナナイロペリカンさんの子育てマンガ本です。

2~3ページで1つの話題として繰り広げられる
「子育てあるある」がたくさんつまったこの本は、
2人の女の子を育てるママの共感エピソードで
いっぱいです。

他の人って、どんな子育てをしているんだろう。

子育ての悩み、きっとみんなもこんなことを
困ったり感じたりしているんだろうな
というポイントにバシバシと突き刺さってくるから
読んでいて納得のシーンばかり。

確かに子育てはタイヘンだけれども
少しずつ大きくなっていく子どもたちの
小さな成長の積み重ねに笑い、感動し、
よし、子育て頑張ろう!っていう
励みにもつながっていくラストの展開は
気持ちのいい読後感があります。

我が家には4歳になる女の子がひとりいまして、
いつも仕事と家事と子育てと、
自分の趣味をうまく渡り歩くママの姿に
へへぇ〜、とひれ伏してしまいます。

そんなママから
「面白いから読んでね」と手渡されたこの本。

ちなみに、
パパがこれを読んだ感想はですね・・・
「ママってすごくて、ありがたい」







-書評

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.