今回は、人生の転機を迎える方向けと

ちょっと背中を押すタイプの書籍をご紹介しました。

スポンサーリンク

40歳を間近に、迷いっぱなし

「40歳からのワーク・シフト」は

特に身につまされました。

 

生き方と暮らし方、

家族との接し方と老後のこと、

それらが一気に現実として詰め寄ってくる年代を前に

深く考えさせられる一冊でした。