スギ(@sugi_pallat)です。

ビジネスシーンの情報共有ツールとして多くの利用者を抱えている「チャットワーク」、私も日ごろから多用しています。

スマホにもパソコンにも専用アプリを入れて、ビジネスに関する情報はシームレスに入手するようにしています。得意先やクライアント様にも導入をお願いしているほど、いまではメールよりもチャットワークで仕事が進んでいるといってもいいくらいです。

そんなチャットワーク、現在メンテナンス中なんです(2017年11月15日 19時15分現在)。

2017年11月15日 19時50分現在、復旧しています。

実は今まで気にならなかったのですが、このメンテナンスでちょっとした不具合がわかったのでシェアしておきますね。

スポンサーリンク

[チャットワーク]デスクトップ版アプリの思わぬデメリット!システムメンテナンス時に気をつけるポイント。

私はMac版のデスクトップアプリを利用しています。

マルチアカウント対応で、かつ各種Webサービスを統合して利用することができるので本当に重宝しています。

それについては、こちらにも記事を書きました。

チャットワークのデスクトップ版アプリが超有能すぎる件[2017.03]
毎日、数多くのタスクに取り組みながら進んでいく私の業務は、さまざまなクラウドサービスによって支えられています。Googleの各種サービス、Evernote、Dropbox、iCloud...

しかし、今回のようなシステムメンテナンス時には不具合が発生するんですよね。

こちら、Mac版デスクトップアプリを開いたときに表示される、チャットワークのメンテナンス画面です。

チャットワークからは、こんなメールも届いていました。

実はチャットワークのメンテナンス中というのは、それ以外に統合しているサービスにこのアプリを経由してアクセスすることができなくなります

つまり、私の場合はGmailにTwitter、Facebookメッセンジャーも同時にアクセスできなくなるんですね。

これはこのアプリの特徴でもあって、デスクトップ版アプリを起動してチャットワークにログインが完了したら、その後に統合している他のアプリが利用可能になるというシステム上の仕様のために起こる問題といえます。

チャットワークのメンテナンスが終了するのを待つか、このデスクトップアプリの仕様が変更されるのを待つか、もしくは通常のブラウザなどでアクセスすることになります。

レアなケースではありますが、いざというときの対応策は知っておいて損はありませんよね。

ちなみに、メンテナンス中の私はこんな感じでやさぐれています。

などといいつつも、ずっと仕事を続けていたら復旧のメールが届きました。

ビジネスインフラとして成熟してくると、ちょっとしたシステムダウンでも死活問題になりかねませんね。

以上、スギでした。

スポンサーリンク