2024年までに、「会社」は一度死ぬ。

見開きのカバーにはこのように書かれています。

なぜそのようなことを言うのか、
それは、会社運営というものを
「成長カーブ」で示したとき、
現在は「成熟期」に入っているからに
他ならないと著者は言います。

スポンサーリンク

会社がなくなり、個が活躍する時代に求められるスキル

つまり、これまでの属人的で社内環境だけで
成果を上げ続けて来た環境はなくなり、
たとえば社外での活動が成果を生んだり、
社外リソースをこれまで以上に利用したり
なにより経営判断にいたる要件も
ディープラーニングによって知識を得た
AIが判断をする時代になるだろうと
予測するからです。

業種、業態によって
会社のあり方に違いはあれど、
世の中の流れに対して
対応できるだけのリソースを
確保し続けることができるか、
そのために求められるのは
社内での個々の成果よりも
大きなビジョンに対して
夢中になれるかどうかでしょう。

会社がなくなり、個が活躍する時代
それこそが2024年以降のわれわれの働き方、
そしてこれからを担う子どもたちに
与えていかなければならない
知識の源泉かもしれません。

スポンサーリンク