「こち亀展」で両さんを堪能した後、所用を済ませてから向かった先があります。

それは、神田神保町にある集英社のビル。

集英社 ギャラリー

ジャンプ編集部があるこのビル1階には、「こち亀」に向けてこんなものが展示してありました。

スポンサーリンク

集英社のギャラリーに「こち亀」へのメッセージボードがあるので、両さんに思いを伝えてきたよ。

小鳥ピヨピヨ」の清田いちるさんが書かれたこの記事を読んで、いてもたってもいられなくなりました。

http://kotoripiyopiyo.com/2016/09/%E4%B8%A1%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%92%E6%9B%B8%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F.html

この日は昼過ぎからの土砂降りで、傘を持っていなかった私はずぶ濡れになりながらもそこへ向かいます。

自由に入館できるビル入口のすぐ右手に、集英社ギャラリーがあります。

集英社 ギャラリー

そこには、ギャラリーの奥行きいっぱいのメッセージボードが設置されています。

集英社 ギャラリー メッセージボード 全体

すでに両さんへのメッセージが書き込まれていました。

集英社 ギャラリー メッセージボード 近影

さきほどの「小鳥ピヨピヨ」のいちるさんの書き込みもちゃんとありましたよ。

集英社 ギャラリー メッセージボード いちるさん

これには私も同意見です。

両さんみたいな大人に憧れていました。

いや、今でもそうかもしれない。

そして私も、両さんへのメッセージを書きました。

集英社 ギャラリー メッセージボード 自分の

そう、なんだか感傷的になってしまうんです。

両さんから教えられたことを活かして、オモシロかっこいい大人になろうっと。

両さんは、私のあこがれです!!

こちらのイベントも要チェック!

「こち亀展」は連載40周年、コミックス200巻、そして連載終了の記録をひとまとめにした集大成!日本橋タカシマヤに行ってきました!

スポンサーリンク