ブログの更新をすれば、私のやりたいことを世の中にアピールできるんだ!これで生き方を変えていくんだ!と鼻息荒くブログ更新に取り組んでいる皆さん、ごきげんいかがですか?

きょうも元気に記事更新に取り組んでいますか?

でも実は「ブログは毎日書いたほうがいいって言われるけど、そんなに書くことないよ・・・」と息切れしていませんか?

していますよね、わかります。

人生変える!くらいの勢いで手を出したブログに人生を潰されるとか、本末転倒もはなはだしいですからね。

今回はそんなあなたの肩の荷を少しでも軽くするためのアドバイスを残しておきます。

スポンサーリンク

「ブログの記事を書けない」とお嘆きのあなたが陥っているポイントを突きつけます!

思いつくたびに追記していくつもりですので、以後お見知りおきを。

理想が高すぎて、自信がなくなっていく

きっかけが「ブログで人生を変えるんだ!」という、いわば未体験ゾーンに突入するような経験を積むことをブログに求めているわけですから、そもそもの理想、なりたい自分の像というのはそれはそれは高尚なものでしょう。

ブログのテーマや伝えたいことはさまざまあれど、その答えを模索していると「果たしてこれで本当に人生が変わるのか?」という不安にかられてくるもの。

結果として、なにを書いていいのかがわからなくなって、人生を変えるという目標に潰されるようになります。

いいですか?

そもそも人生を変えるというのは、ある意味では結果論です。

人生を変えるためにブログを書くんだということをスタートラインにしてから行動を始めていくこと、それがつまりブログの更新ということ。

だとすれば、人生を変えるというゴールを迎えるためのプロセスを記事にすればいいわけで、いきなりゴールの向こう側を強くイメージした記事なんて書けやしないんですから。

だって、経験したことないんだから。

というわけで、大切なのはなりたい自分の像を見据えて、そのプロセスを記事にしてみてくださいな。

デザインに凝りすぎて、本末転倒になっていく

いい記事は、いいデザインのブログから。みたいな要するに「形から入る」という方もいらっしゃいますよね。

ええ、わかります。

いいデザインをインスピレーションに、このデザインに負けない記事を書こうというモチベーションアップは可能です。

ただ、そのデザインを、WordPressを題材にいえば「テーマ」を探すことが主の目的となって、肝心の記事更新がおろそかになってしまってはいませんか?

いますよね。

ブログの記事は量稽古です。記事数を重ねておかないと、あなたのスタイルに合った文体はおろか、なにを伝えたいのかというアウトフレームがはっきりしてこないものです。

そのためになにをするのかといえば、とにかく記事を書く。

・・・いや、こんな根性論ではダメですね。

ブログの記事をいつものブログシステムの入力画面とは違う環境で、俗にいうテキストエディタと呼ばれるもので書いてみてください。

それをコピペすればいいんです。

そうすれば、とりあえずは見た目に引っ張られて記事更新がおろそかになるということからは脱却できるでしょう。

ちなみにそれでもダメだと感じたら、有料のテーマを買ってください。何事もお金を払うと本気になるから。

そもそもインプットが足りない

記事を書こうと思っても文章をつくれないというあなた。

今まで新聞や本を読んできましたか?

参考になるブロガーさんの記事を読み込んでいますか?

記事を書けないそもそもの理由に、ことばを知らないという方は少なくないのです。

ことばを知らないのに、記事は書けませんよね。

無論、ブログというのはテキストを更新するだけがブログではないので、それであれば写真やイラスト、音声や動画を更新するのもアリです。

とはいえ、どれを更新するにしてもそのためのインプットがなければダメじゃないですか。

その基本ができていないのに、ブログが更新できません!というのは世の中のいろんなものをナメているとしか言いようがないかな、と。

ブログを書くために本を読む、写真集を見たりYouTubeを視聴するというのは間違っていませんからね。

いい情報をアウトプットするためには、いい情報をインプットすることがたいせつです。

あとから修正すればいい!を意識する!

ブログという個人メディアは、あなたが恐れているほど読まれていないもの。

でも、だからといって好き勝手なことを書けないのは、あなたがそのメディアを通じて人生を変える!と決心したからですよね。

だとしたら、まずはブログを更新し続ける!ということをモットーにしてみてください。

その中で過去の記事を修正しつつ、あなたのことばとしてのブログを独り立ちさせればいいんですから。

ブログの更新は、ただの根性論で終わらせることなく、習慣化して生活の一部にまで落とし込むこと。

そうすれば、誰だって人生は変わりますよ。

 

スポンサーリンク