Apple Watch series2を購入して1週間が経ちました。

購入したときの記事はこちら。

Apple Watch series 2を購入したよ。購入の決め手となった3つのポイントをお知らせします。
周囲の人たちからは「え、スギさんってまだApple Watchを持っていなかったの?」と言われるほどに林檎信者の私です。衝動買いに近い形ではあったのですが、この度晴れて...

購入してから1週間、毎日使い続けて感じたメリットを大きく3つのポイントとしてまとめてみます。

スポンサーリンク

Apple Watchのメリットとして、1週間使って感じたことを3つお伝えします。

はじめてスマホを、私の場合はiPhone3Gを手にした時、いったいどこに利便性を感じたらいいのかよくわかりませんでした。

Apple Watchを手にした今回も、あの時と同じような心境になりました。つまり、実際にさわってみないとなにもわからないということ。

だから今からお伝えするのは、素直に「これ便利!」と感じたこととなります。

1)MacBook Airのパスワード解除がらくちん

Apple Watchのパスコードロックを解除した状態で、MacBook Airを立ち上げると、Macのロックを自動的に解除してくれるという機能があります。

強固なセキュリティを考慮すれば当然その都度パスワードを入力するのがいいのですが、それでもApple Watchを装着しているだけでMacを開いて1〜2秒で起動しているのは感動モノです。

ちなみに、Mac側の設定として、
「アップルメニュー」→「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」→「一般」から、下記の図のとおりにチェックを入れます。

2)Suicaですいすい

広島に住む私としてみれば、交通系ICカードといえば「ICOCA」なのですが、「ICOCA」はApple Payに対応していないし、どのみち定期券を利用することがないので「Suica」を使っています。

Suicaを手にしたのは、iPhone 7 Plusを購入したときと同時ですね。JRの乗車で使えるのはもちろん、ほとんどのコンビニでも支払いすることができるので重宝しています。

そのカード情報をApple Watchに移行して、なおかつエクスプレスカードに設定にしています。

交通系ICカードをエクスプレスカードに設定していれば、端末がネットワークにつながっていなくても、スリープモードを解除していなくても決済することができます。

だから、改札やコンビニのレジで手首をかざすだけで列車に乗れたり買い物ができるわけです。

これはなかなか便利ですよ。

列車も買い物もタッチ・アンド・ゴーです。

そんなタッチ・アンド・ゴーの風景を動画で記録してみました。うかれてるのがバレるわ・・・。

3)時計の文字盤に好きな写真でモチベーションアップ

Apple Watchは時計なので、当然時刻を知ることができます。

時計の情報を表示するための文字盤には、ミッキーマウスやミニーマウスがいたり、アクティビティを表示させたりというデザインがあれば、携帯電話の待受のように好きな写真を表示させることができます。

なにをいまさらという感じでしょうが、やはり腕時計の文字盤に好きな写真が表示されるのを見るのは、スマホの待受で同じ写真を見るのとは感じ方が違います。

特に家族の写真を入れておくと、いつも家族とともにいるんだ、家族を支え、支えられているんだという気持ちになります。腕時計って肌身離さずつけているものですからね、スマホとはちょっと違います。

これは立派なモチベーションアップですからね。

まとめ)便利はさわらないとわからない。

Apple Watchの初期モデルが予約開始となった2015年4月に、こんな記事を書いていました。

アップルは時計をつくろうとしている。「Apple Watch」予約開始狂想曲。
いよいよ予約受付が開始された「Apple Watch」。Apple信者の私としても興味はあるのですが、今回の購入は静かに見送るところです。使い方やなにに使うのかは触ってみな...

「アップルは時計をつくろうとしている」という観点の記事で、それが現代のスマホとの共存における利便性との相関関係としてまとめた内容でした。

基本的に便利になったり効率化がすすめられるようなアイテムというのは、生活必需品ではないですよね。なければなくてもいいもので、あればああ便利になったな、という。

ただ、時計というのは生活をする上で、相手と約束を守る上では大切な要素「時間」を知らせてくれるものなので、うまく使いこなすことで人生の質を高めることができますよね。

そこに便利や効率が加わってくると、鬼に金棒となるわけです。

万人にすすめるかと言えばそういうものでもないのですが、生活をちょっとよくしたいと思っている方であればぜひ購入してみてください。

便利はさわらないとわからないものです。

 

スポンサーリンク