社会分析

全ラーメン店オーナーへ!糖質制限でもダイエット中でも満足のメニューをお知らせします!

投稿日:

ブロガーといえば読書評を書いたり、グルメ記事を書いたりするものという先入観がありますよね。

それは端的に「記事にしやすいから」というものと考えるのが向きかもしれませんが、私の場合はそんなことはありませんよ。

読書は『誰かのための読書』というポリシーがあるし、ラーメンを始めとするグルメ記事も『スギミシュラン』と言われたいがための歩くグルメデータベース化するための活動だったりします。

それはさておき。

このブログでもラーメンを中心としたグルメ記事を書いていることで、それにまつわるご意見を求められる機会も増えてきました。

趣味と実益を兼ねるとはまさにこのこと、喜んでもらえるための活動ならばなにもブログ記事での情報提供だけではなくて、私自身がアクティブにお話させていただくことだっていとわないのです。

そんなこんなの日々のなかで、ふっと感じたことがありました。

「いつもラーメンばかり食べているけど、少しは健康にも留意しなきゃな」と。

たしかに健康診断では肝脂肪の数値がよろしくなく、食生活の見直しはまぬがれないところにあります。

さりとてラーメン大好き人間にとってそれは酷なお話。

そんな私でも喜んで食べられるラーメンって何かないだろうか・・・。

そう思っていた矢先に、こんな話を聞いたのです。

全ラーメン店オーナーへ!糖質制限でもダイエット中でも満足のメニューをお知らせします!

とあるラーメン店のオーナーとお話をしていたときのこと。

 

「最近、ラーメンの麺を半分にしてもやしを山盛りでオーダーしてくる人が多くて」

 

ほう、なるほど!!

 

最近はミニサイズのメニューを提供されるお店が少なくありません。

それは食の細い女性だったり、年配の方向けのものであったりします。

 

一方で、小麦粉を摂取することで糖質を気にする方が多くなっているのも事実で、そういう方がミニサイズをオーダーされるのは想像に難くありません。

ラーメンは食べたい、でもボリューム感も欲しい・・・という方にはミニサイズは物足りなく、そこでもやしを多めにトッピングすることでボリュームを増すことができるわけですね。

要するに、麺をもやしに置き換えただけです。

 

お客さまにしてみれば、麺の量が減ってももやしをがっつり食べることができれば御の字です。

 

では一方でお店はどうでしょうか。

ここでの値付けが、麺の量を減らしてもやしを増したところで、一杯の単価がレギュラーサイズよりも下回るのは少し考えもの。

 

そこでメニューのご提案です。

ぜひとも「麺の量少なめ+もやし増量」のメニューを追加してみてください。

これで原価を計算して、レギュラーサイズと価格をそろえることができれば言うことないでしょう。

 

女性客の取り込みだけではなく、ダイエット中だけれどもしっかり食べたいラーメン通にも納得していただけます。

 

ちなみにこの写真は、広島市内にあるちゃんぽんめんのおいしいお店の一品。

こう見えてミニサイズ、もやし増量です。

これでもボリュームは十分ですし、もやしをしっかり噛んで食べることができるので、食べ急ぐこともないですしね。

つけ麺業界では麺の代わりに豚肉などで対応されるところがありますが、もやしだとたいてい在庫がありますもんね。

 

さあ、もやし置き換えラーメンに出会えることを期待しながら、あたらしいラーメン店との出会いも楽しみにしておきます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり)
【エリア】広島県広島市
【どんな人?】
読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。

あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-社会分析

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.