日常を記録するとき、これまで『Evernote』を使っていました。そこに情報を集約していれば、たとえば出来事を思い出したいときや、ブログの記事を書くための振り返りをするときに役に立つと考えてのこと。

しかし実際は、ノートブックの分類や細切れとなったノートに圧迫されて、調べよう、検索しようという意思を削がれていました。

そこで気になっていたのが、Mac / iOSで利用できる『Day One』というアプリ。

先にiPhoneで利用していたのですが、このたびMacにもインストールしたので、そのメリットをお伝えしますね。

スポンサーリンク

日記アプリ『Day One』で、Evernoteよりも上を行くライフログを実践する。

決して安いアプリではないのですが、これを使うことで次のことを実践していきます。

まさに日記のごとく、「その日」の記録を大切にする

たとえば、iPhoneのウィジェット機能を使えば、GPS機能をワンタッチでどこにいるかを記録(チェックイン)することができます。撮影した写真などのデータから、いつ、どこにいたのかということもわかります。

こういう行動の記録を残しておくと、後から振り返るときにどこで何をしていたのかということが容易に思い出せるようになります。なにより、記憶のまえに記録が残ることで、その時に何をしていて何を考えていたのかということが思い出しやすくなります。

結果として、それをもとに「日記」を書くこともできれば、ブログの材料にすることもできます。

SNSやWebサービスごとの情報を振り分ける

『Evernote』のノートブックがそうであるように、あらかじめ設定しておけばSNSごとやWebサービスごとに情報をまとめることができます。ここで『Day One』に軍配が上がるのは、その記録が日ごとに残るというもの。

『Evernote』もすべてのノートを見ることで、ある程度の把握はできます。しかし、ユーザーインターフェイスのよさから、記録を眺めることのストレスが遥かに少ないのは『Day One』なのです。

このとき、『IFTTT』のような連携サービスをうまく活用することができれば鬼に金棒です。私も『Day One』のための『IFTTT』レシピは今のところ6つあります。

動作が軽い、これに尽きる!

記録をするためには、そのデバイスがサクサク動くことは必須の条件。iPhoneにしてもMacにしても、『Evernote』よりもはるかに軽量に動いてくれます。

軽量であることは記録することのメリットにとどまらずに、振り返りもしやすくなります。これで週次レビューを行えるようになると、成長につながりやすいのでは?と期待も大きくなります。

インターフェイスの重要なところを押さえておけば、あとはそれをどういう目的で使うことかを正しく見極めることに尽きますね。

さいごに:これも自己投資のひとつのカタチ

iOSアプリとMacアプリで合計5,000円以上もの投資をしています。手帳を買って記録をする人もいれば、私のようにWebサービスに情報を集約する人もいます。

大切なことは、その投資をして何を生み出すかということ。記録を振り返るのは「昔はよかったね」ということに留まるのではなくて、「そこからどう進むか」を見極めること。

レビューのための記録ならば、その先にあるのは前進、成長ですよね。そのための投資として5,000円は決して高い買い物ではないと考えています。

『Day One』の使いかたについては、研究しながらまた記事にしていきます。

今回紹介したアプリはこちら

Day One

4,800円
(2016.12.26時点)
posted with ポチレバ
スポンサーリンク