私の「1日1冊の読書をしています」という自己紹介に対して、ほとんどの方の返答は「よく読めますね〜」というもの。そういう返答をもらうと、「ああ、きっとこの人は本の読み方の自分ルールを持っていないんだろうな」というのを即座に感じます。

なぜでしょう。

読書量がそれほど多くない人、もしくはほとんど本を読まない人にとって、本の読み方の自分ルールをもっていないことが挙げられるんです。特に「読了」の基準。

そこで「読了」の基準をどう考えるかということについて、書いてみることにしますね。

スポンサーリンク

「読了」の定義をつくることで、本と気軽に付き合ってみるという読書スタイルを提案します!

どくりょう【読了】

《名・ス他》すっかり読み終わること

「この本、読み終わったー!」と宣言できるときって、どういうときでしょう。まえがきの1文字目から奥付のすみまで読み切ったときでしょうか。手にした本から学びたいことを十分吸収したときでしょうか。それとも、あらかじめほしいと思っていた内容に理解ができたときでしょうか。

私はどれも正しいと思っています。むしろ、「読了」の基準は周りが決めるものではなくて、本を読むその人自身が決めることですからね。その基準が事前に定められているかどうかで、読書をはじめたときに知識として吸収されていく深度も変わってくるんです。

読書前の課題設定をしておこう

つまり、読み始めるまえに「この本を手にした理由はなに?」「この本を読んでどうなりたい?」「なんでこの本を手にしたの?」といった動機と、読書後のゴールを設定してから読み始めるのがいいですね。

そうじゃなければ、もしも読み始めたときに「あれ、これって思っていた内容とちょっと違うぞ」とか「この本は自分に向いていないなあ」と、本に対して前向きな姿勢でいられなくなったときに読書が苦痛になってしまいますからね。

ストレスを感じながらの読書は、学校の宿題や学術研究の参考書など、いたし方ない読書だけに留めておきたいものです。軽いストレスならいざしらず、自分の意志で読み始めた本につらい思いまでして読み切っても、つらかった記憶しか残りませんからね、だいたいは。

課題に達したらいつ読み終えてもオッケー

読書を進めていって、読み始める前に定義した読書の課題に達したな、と思ったらその時点で「読了!」としてもいいんです。逆に何度読んでも納得いかなければ、そのまま本をもち続けて繰り返し読むのでもオッケー。

目標に達したところで本からの知識を受け継いだ、と自分に言い聞かせることで「読了」と決めると達成感も生まれますからね。

ここで大切なのは「この本を一言一句読みもらさずに読書をする」というのを目的とするかどうか、ということです。

それを目標として掲げるのであれば、一言一句読み漏らさない読書をしたときに得られる満足感が知識と経験の源泉になります。気をつけないといけないのは、「読んだ」という行為だけで、本の知識が残っていなければ意味が無いよ、という点があることもお忘れなく。

読書前に読後のゴールを決めること

結論として、「読了」のルールは読書前に決めた課題や目標に達したかどうかで個々が判断すること、ということになります。

そりゃそうですよね、本を読むスピードも本から得られる知識の理解度も、なにより本を読むことそのものはその人が決めるルールですから。

1日1冊の読書をする私に「よく読めますね〜」と読書量を感心してくださる方は、まずはあなたの「読了ルール」をこの記事を参考に決めてみてくださいね。

本の読み方が変わるのと、たくさん読んでみたくなるきっかけにつながりますから。

それが難しいようでしたら、私がご案内する「1日1冊読書習慣メソッド」のカリキュラムをぜひご利用ください。

 

さあ、きょうも本を読もうか。

スポンサーリンク