日常

ストレングス・ファインダーで自分の「強み」を知り、才能を活かすための自己分析につなげよう

投稿日:

先日読んだ本で、「ストレングス・ファインダー」について知りました。

[書評]リーダーの才能に目覚めるために、自分の強みに投資しよう

「ストレングス・ファインダー」とは、自分の強みを知ってそれを活かそうというもの。

ストレングスファインダー®は、アメリカの世論調査と組織コンサルティングのギャラップ社が「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づき開発したツールです。 Webサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の強みを知ることができます。

ストレングスファインダー について

たしかに引用文にもある通り、弱みをなんとかしようと改善に努めるよりも、自分の強みを知ってそれを引き上げていくほうが精神的にもすこやかだし、持ちうる能力を十分に発揮できるということは想像に難くありません。

私自身、自己分析のツールとして「エマジェネティックス」といった脳科学の分析から思考特性と行動特性を知るといったものを利用していますが、実はストレングス・ファインダーは今回初体験。

というよりも知らなかったに近いくらいかも。

今回はそんな私の「ストレングス・ファインダー」の結果を発表します!

ストレングス・ファインダーで自分の「強み」を知り、才能を活かすための自己分析につなげよう!

コード

先日購入した『ストレングス・リーダーシップ』という本には、ストレングス・ファインダーを受けることができるアクセスコードがついてきます。

このアクセスコードを使うと、先述の通り177の質問にこたえることで34あるとされている自分の強みの上位5つを知ることができます。

全部の強みを知るためには別に費用が必要となりますが、機会を見て試してみようかと考えています。

多くの質問に回答していくのは、「エマジェネティックス」でも同じことが言えます。

しかしこの「ストレングス・ファインダー」においては、自分の強みを知るということに特化しているという点では、「エマジェネティックス」の分析から見る思考特性、行動特性と掛け合わせることで『なりたい自分』『あるべき自分』への道が拓けてくるでしょうね。

繰り返しますが、苦手なことを克服するのってたやすいことではないし、そもそもそんな精神修行のような時間はあまりかけたくないですからね。

次ページでは、私の診断結果をお見せします!

私のことを知る方がどんなふうに思われるのか、すごく興味がありますね〜。

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり)
【エリア】広島県広島市
【どんな人?】
読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。

あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-日常

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.