情報発信

アクセス数を高めるためにSNSをどう使うか。

投稿日:2016年11月29日 更新日:

スマホと女性

サイトにお客様が集まってくださるためには、大きく2つのきっかけがあります。

ひとつは、Googleなどの検索エンジンからの流入。もうひとつは、SNSなどで拡散した記事から辿って来ていただくこと。

きょうは後者について説明してみます。

アクセス数を高めるためにSNSをどう使うか。

まず、大前提があります。

自動投稿で効率的に拡散

自動投稿をする場合は、IFTTTというサービスを利用すると、ブログを更新した時点でFacebookやTwitterにあらかじめ決められたフォーマットで自動投稿をしてくれます。

投稿する先をブログ専用のFacebookページとして用意しておくと、基本的にはメンテナンスフリーでブログ更新情報が投稿されていきます。

Twitterも投稿するアカウントと連携をしておけばバッチリ。

手動でアカウントをメンテナンス

ただし、気をつけておかないといけないのは、すべて自動化に依存してしまうと読む側としては「ああ、いつもの自動投稿だ」と露出に対する行動につながらなくなります。

特にTwitterでは、タイムラインには手動投稿でつぶやくことを、Facebookでは基盤となる投稿を自分のタイムラインや関連するグループにシェア投稿するというテクニックを用います。

さいごに:目的はお客様の数をアップ

ブログ更新に必死になると、ブログを更新することが目的化してしまいやすくなります。本当にブログを更新する目的は、あなたのブログを見て来てくださる方をひとりでも多く増やすということ。

そのためには手動でのメンテナンスを億劫と思わずに、きちんと生身の投稿も心がけるようにしてくださいね。

あくまでも、お客様に喜んで頂くコンテンツを用意することが何より大切です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり)
【エリア】広島県広島市
【どんな人?】
読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。

あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-情報発信

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.